【柏 vs 横浜FC】 ウォーミングアップコラム:頭角を表す大卒ルーキー、上島拓巳

2019年4月27日(土)


大卒ルーキーの上島拓巳(写真)は、スクール時代を含めて10年間を柏の下部組織で過ごし、中央大学を経て今季柏に新加入を果たした。アカデミー出身選手の中では、大学を経由して柏に帰ってきた最初の選手となった。

「自分が中心選手になってJ1に上がることしか考えていません」

加入直後にはそう今季の目標を語ったが、始動後はルーキーということもあって序列が高いとは言えず、キャンプでは本職ではないサイドバックでの起用や、紅白戦ではメンバー外になることもあった。
「1年目なので、序列が低いことはわかっていた」と自分の立ち位置を受け止め、そのうえで井原正巳ヘッドコーチと栗澤僚一コーチに居残り練習を志願。2人のコーチに付いてもらいながら黙々と居残り練習を積み、出場のチャンスを待ち続けた。

上島の序列に変化が表れたのはYBCルヴァンカップ初戦のFC東京戦である。マッチアップしたジャエルにまったく仕事をさせず、とりわけ空中戦ではターゲットとしてジャエルに入るロングボールをことごとく跳ね返し続けた。
すると、それまでのリーグ戦のメンバー外から一転、次の新潟戦ではリーグ戦で初めてベンチ入り。さらに第5節の岡山戦では鎌田次郎の欠場もあってリーグ戦でデビューを飾り、前節の金沢戦でも今季2度目のスタメン出場を果たした。
「拓巳はルヴァンカップに出た中で、彼の個性、ポテンシャルをゲームの中で見せてくれた結果、Aチームのリーグ戦に出るという出場機会をモノにした」(ネルシーニョ監督)
指揮官も、カップ戦から序列を変えた上島のアピールには太鼓判を押した。

だが上島自身は、自分のプレーには決して満足していない。
「金沢戦は無失点で抑えましたけど、スペースを空けすぎたり、前がかりになってしまったり、自分のところでカバーリングができていなくて、やられた部分もあり、課題が残りました。攻撃でも中央にパスを入れられなかったので、相手のプレッシャーの向きを中に集めることができずに、外もうまく使えませんでした。そこで少し攻撃が停滞してしまったので、そこはもっとチャレンジをしていきたい」

柏U-18時代からビルドアップとフィードには定評があった。大学の4年間で対人守備にも磨きがかかり、明らかに成長して柏に帰ってきた。立ち位置としてはルーキーだが、アカデミー時代の同期である中山雄太は海外へ渡り、五輪代表の中心選手として名を連ねる。その存在を強く意識し、「1年目とか言っていられない」と上島は自らを奮い立たせている。

リーグ戦10試合で5失点という堅守は、鎌田と染谷悠太の両ベテランの存在によるところが大きい。若き22歳のセンターバックがその2人に割って入り、ポジション争いを過熱させる。

文:鈴木潤(柏担当)


明治安田生命J2リーグ 第11節
4月28日(日)15:00KO 三協F柏
柏レイソル vs 横浜FC
三協フロンテア柏スタジアム(柏レイソル)
みんなの総合評価 (4.2)
臨場感 (4.9)
アクセス (3.5)
イベント充実 (2.9)
グルメ (3.1)
アウェイお楽しみ (3.0)