【磐田 vs 札幌】 ウォーミングアップコラム:チーム内の意思統一を大切にしてきた新里亮。チームで苦境から脱出へ。

2019年4月27日(土)


前節名古屋戦について新里亮(写真)は、「内容はそんなに悲観するような内容ではなかった。自分がイメージしていたゲームの進め方はできていた」と振り返った。確かに相手にボールを握られながらも守備時には[5-3-2]のブロックを構えて、中央の縦パスを遮断。そこからボールを奪えば、前線2人の個性を生かしたロングカウンターが機能し、幾度となくチャンスも作った。結果だけを見れば0-1と敗戦したが、攻守で見事にゲームプランを遂行し、オーガナイズされた戦い方を見せた。

シーズン開幕直後は、「こうやって守りたいとか、こうやって攻めたいとかもう少しチームとして統一感があるところが欲しいということをチーム内で話している」とチーム内の意思統一には物足りなさを指摘していた。だからこそ「コミュニケーションを取って解決できることやみんなが理解することで解決するところは積極的にやっていかないとダメ。そういうのは時間がかかることではないので、積極的に話し合って解決していかないといけない」とチームメイトとのコミュニケーションを積極的に図ってきた。時にはジムで体を動かしながら、ある時にはチームメイトとの食事会の中で、積極的にコミュニケーションを図り、チームの機能性をより高めていくための努力を惜しまなかった。どうしても個人のパフォーマンスに目を向けがちになってしまう中で、チーム全体のことを俯瞰して分析し、それをチーム内に共有していく。決して簡単なことではないが、それを当たり前のようにやっているのが新里の魅力の1つだ。

確かにチームは、J1開幕から8試合でわずか1勝と苦しんでいる現状は否めない。しかし前節名古屋戦では「どうやって守ってどうやって点を取るか。結果は伴っていないですが、徐々にみんなの中で構築されてきていると思う。それが現れた前節だったので、個人的にはネガティブに捉えていないです」とチームとしての手応えもつかんだ。次に目指すは、結果を出すこと。

今節は鈴木武蔵やチャナティップ、アンデルソン ロペスら強力なタレントを要する札幌と対戦する。その相手から3試合ぶりの勝利を手にすることは、決して簡単な道のりではないが、「ワントップ、2シャドー気味のコンビネーションが生まれないように、コンパクトに対応したい。ギャップをうまく使われるとコンビネーションが生きてくる。後ろから相手のコンビネーションが生まれにくいオーガナイズを作っていきたい」と強力な攻撃陣相手にも明確なプランは伺えた。チームを俯瞰して分析できる高いサッカーIQでチームに勝利を呼び込んでくれることに期待したい。

文:森亮太(磐田担当)


明治安田生命J1リーグ 第9節
4月28日(日)15:00KO ヤマハ
ジュビロ磐田 vs 北海道コンサドーレ札幌
ヤマハスタジアム(磐田)(ジュビロ磐田)
みんなの総合評価 (4.2)
臨場感 (4.8)
アクセス (3.4)
イベント充実 (3.5)
グルメ (3.6)
アウェイお楽しみ (3.5)