【長崎 vs 札幌】 ウォーミングアップコラム:「チームが高まるターニングポイント」手倉森誠が考える2巡目の意味

2019年4月23日(火)


J2リーグから、V・ファーレン長崎と柏レイソルが参戦しているJリーグYBCルヴァンカップ。4チームが総当たり2回戦のグループステージ(GS)は第4節を迎える。長崎は、札幌で対戦してスコアレスドローだった北海道コンサドーレ札幌をホームに迎える。

J2のチームがJ1チームを相手にここまで負けなし。勝点5で並ぶ札幌相手に、長崎の指揮官は重要視していることが二つある。一つ目は駆け引きだ。

「一巡した中での2戦目。そこには十分駆け引きがある。お互いグループの上位。そして負けなしですが、われわれは勝つことしか考えていません。それは、GS突破はもちろんですが、チームを高めるためにも必要なことです」

得点力不足に泣いた序盤がうそのように、J2リーグではここ3試合で9得点。過密日程の中、選手をやりくりしてリーグとカップを戦っているが、J2のチームとして戦うことができるルヴァンをチーム躍進に必要と位置付けている。

「この過密日程をハンディとはいわせません。リーグもカップも結果を出すことで、チームは高まります。ですから、チーム力に加えて、駆け引きが出る2巡目は、高みにいくかのターニングポイントとなるのです。私たちが目指しているステージ向かうために、チームとして高まらないといけない。その中で、しぶとさを証明するのが試合。勝点5はその結果です」

階段が多ければ、より高みに到達する。駆け引きを加えた試合に勝つ。階段を登る。そう、結果を出すことが、何よりも重要だ。 

「序盤に足踏みしていたということは、自分たちを見つめ直さないといけないということ。メンタルのたくましさはもちろん、グループとしての戦術の明確化ができた。コレクティブ(組織力)を表現するためには、サッカーにおける距離感が重要。プレーヤーの走力、リーチの長さ、使うボールの種類で距離感は変わってきますが、“長崎の距離感”が試合をこなすことに、チーム全体が分かってきたと思います」

結果を出せる体制は整ってきた。“NAGSAKI, the ONE! 一つに。唯一に、一番に。今年のスローガンに、チームは試合をこなしながら近づく。

文:J's GOAL編集部


JリーグYBCルヴァンカップ 第4節
4月24日(水)19:00KO トラスタ
V・ファーレン長崎 vs 北海道コンサドーレ札幌
トランスコスモススタジアム長崎(V・ファーレン長崎)
みんなの総合評価 (4.3)
臨場感 (4.0)
アクセス (3.2)
イベント充実 (4.1)
グルメ (4.3)
アウェイお楽しみ (4.2)

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報