【鹿児島 vs 琉球】 ウォーミングアップコラム:自分自身が試合を動かす!チーム浮上のキーマン藤澤典隆

2019年4月20日(土)


“一番修正しなければいけないのは気持ちの部分”。古巣琉球との戦いを前に藤澤典隆(写真)はチームの現状をこう分析していた。「相手には絶対負けない、この場面では自分が点とってやる、そういった気持ちを一人一人もう少しずつ強く持てたら違ってくると思う」と話す。

今節の対戦相手FC琉球は鹿児島にとって絶対に負けられない相手だ。
最下位からの浮上という意味合いはもちろんのこと、共に今シーズンからJ2に昇格したJ2昇格同期であること、そして鹿児島の指揮官金鍾成監督が昨シーズンまで在籍し牽引したチームだからだ。

そして藤澤自身も2年前まで琉球に在籍していた。
「もちろん勝ちたいです。自分達より勝点をとっている難しい相手ですから、より“気持ち”の部分が大事になってくる」。俺が点をとってやる!自分が試合を動かしてやる!試合に向かうしっかりとした準備が気持ちに繋がると藤澤は考えている。

勝利への想いを聞いた。「本当にもう・・・・・泣きたいくらい勝ちたいです」
藤澤はこう表現した。“泣きたいくらい”この言葉に遠ざかっている勝点3への大きな思いを感じる。チーム全員が同じ気持ちだろう。琉球在籍時代から金監督のサッカーを知る藤澤は「琉球時代も3年かけてやっと圧倒的に強いチームに成長できた。体現できるには時間はかかるが、そうはいっていられない」。勝てるチームになることが急務であることは全員が理解している。

大学時代から紆余曲折を経てサッカーと向き合ってきた藤澤は、この苦しい状況からの脱却について「“僕自身”が試合を動かしてやろう!と思っています」。どこのポジションであっても自分自身が試合展開を作り得点をとってやる!自分の成長がチームの成長に直結していると考えているのだ。藤澤のその気持ちがチーム状況を好転させるカギになる気がしてならない。その先に必ずある勝利の喜びを信じて、選手と共に“強い気持ち”で戦おうではないか。

文:有賀真姫(鹿児島担当)


明治安田生命J2リーグ 第10節
4月21日(日)13:00KO 白波スタ
鹿児島ユナイテッドFC vs FC琉球
白波スタジアム(鹿児島ユナイテッドFC)
みんなの総合評価 (4.2)
臨場感 (3.7)
アクセス (3.6)
イベント充実 (4.0)
グルメ (4.5)
アウェイお楽しみ (3.7)

観戦アドバイス大募集!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報