【川崎F vs 湘南】 ウォーミングアップコラム:大島僚太が示す湘南戦への覚悟

2019年4月18日(木)


大島僚太(写真)が戦線に戻ってきた。大島は先発フル出場した前節の鳥栖戦がおよそ1ヶ月ぶりの試合だったが、知念慶の51分の決勝弾をロングフィードでアシスト。チームの勝利に貢献している。

その大島は鳥栖戦においてかなり走り方に気を使っていたのだという。

Jリーグ公式サイトにチームデータが掲載されているが、この数字のうち、スプリント回数について大島は驚きの1回。同じくボランチで出場の下田北斗が9回を数えており、その差は明らかだった。

この件について意図的なものだったのかと聞かれた大島は笑顔で次のように答えた。

「抑えたどころか、ゼロらしいので(笑)」

Jリーグとは別に川崎Fがチーム独自に取っているデータがあり、そちらではスプリント回数は驚きのゼロだったのだという。絶対にダッシュしないようにしていたという訳ではないようだが、その一方で走りには気をつけていたのも事実らしく、苦笑いしていた。

二度と長期離脱しないという強い意思が感じられるが、視点を変えると必要以上に走らなくていいようなプレーを心がけていた、ということも言えるのだろう。つまり試合の流れを的確に読み、無理に走らなくていいようなポジションを取り、必要であればマークを受け渡して他の選手に頼る。そうしたプレーの中でしっかり勝利に貢献するのだからさすがだった。

ただ、今節の湘南戦は走らなくていい、という相手ではないのは覚悟していると大島。

「まあでも次の相手はそんなこと言ってられないくらい、出てくるチームだと思うので。そこでも上手くやりたいなと思います」

周りの選手の助けを求めつつ、必要であれば走ることも厭わず。そして「自分の判断も早くしないといけないなというふうには思います」と力強かった。

湘南とは昨季、ホーム・アウェイの2試合でともに引き分け。勝てていない難敵だ。さらに言うと今季はまだリーグ戦ではホーム未勝利。応援してくれているサポーターのために勝利を届けたいという思いでチームは戦いに臨む。複数の主軸選手が戦線離脱を余儀なくされている中、大島僚太のいつものプレーでチームを勝利に導いてほしい。

文:江藤高志(川崎F担当)


明治安田生命J1リーグ 第8節
4月19日(金)19:00KO 等々力
川崎フロンターレ vs 湘南ベルマーレ
等々力陸上競技場(川崎フロンターレ)
みんなの総合評価 (4.3)
臨場感 (4.2)
アクセス (3.7)
イベント充実 (4.5)
グルメ (4.1)
アウェイお楽しみ (4.0)

移籍情報