【熊本 vs 相模原】 ウォーミングアップコラム:今季初先発を果たしたMF岡本知剛。意識するのは「当たり前のことを、やり続ける」こと。

2019年4月6日(土)


Jリーグの舞台では初対戦となった前節のいわてグルージャ盛岡戦。ピッチを覆った雪の影響で思うようなボールコントロールもできない中、田村翔太の加入後初ゴールで熊本はようやくJ3初勝利を挙げた。この試合で今シーズン初先発を果たしたのが、MF岡本知剛(写真)だ。

試合翌日、ピッチコンディションも含めて留意した点について話を向けると、岡本は次のように振り返った。
「僕自身、気持ちのところや当たり前のこと、戦うっていう部分がウィークな点で、このチームに伝えたいと感じていた部分でもあったので、球際のとこだったり、戦う、走る、献身的にやるっていう、原点の部分を意識しました。そういう当たり前のことをトッププレーヤーはみんなやっているし、自分たちがやりたいことはそこからのプラスアルファで、ベースの部分を大きくすればするだけ、崩れるのを防げる。そこをこれからもみんなにも言い続けたいし、自分自身も突き詰めてやっていきたい」

田村の得点場面を振り返ると、中盤でのボールロストを再び奪い返し、岡本が左へ展開、坂本広大が仕掛けたあと、相手のクリアに対して体を寄せたことでボールはゴール前に飛び、そこに対してしっかりと田村が詰め、相手より先に反応した。決して狙いとした形からの綺麗なゴールではなかった。しかし、岡本の言う「当たり前の、ベースの部分」を誰もがいとわず献身的にプレーし、それが積み重なったからこそ生まれた得点だ。

しかし、「あの(雪の)状況だからできた、じゃなくて、やり続けないといけない」とも話す。
「内容が良くても結果がついてこなかったら批判されるのがプロ。内容がどうあれ、結果にこだわりながら、修正できる点は修正していきたい。当たり前のことをまず当たり前にやり続けられるかどうかが、シーズンを通して大事なことだと思います」

チームとして真価が問われるのはこれから。それに応えるために、岡本は細部にこだわり続ける。

文:井芹貴志(熊本担当)


明治安田生命J3リーグ 第5節
4月7日(日)13:00KO えがおS
ロアッソ熊本 vs SC相模原
えがお健康スタジアム(ロアッソ熊本)
みんなの総合評価 (4.1)
臨場感 (3.6)
アクセス (3.0)
イベント充実 (4.0)
グルメ (4.6)
アウェイお楽しみ (4.2)

移籍情報