【G大23 vs F東23】 ウォーミングアップコラム:今年はセンターバックでのプレーが続く松田陸。意識するのは『成長』。

2019年4月6日(土)


ルーキーイヤーとなった昨シーズンは、出場したJ3リーグの大半を右サイドバックでプレーしてきたが、今シーズンはセンターバックとして存在感を示している。全国制覇を成し遂げた前橋育英高校時代も慣れ親しんだポジションだ。
「昨年はサイドバックがほとんどだったので、久しぶりにセンターバックでプレーした時は対応の難しさを感じたりもしたけど、僕は基本的に適応が早い方だと思うので。今は試合経験を積むことが何よりも大事だし、あまり考えすぎずにやっていこうと思っています」
開幕前にはそんなふうに話していた松田陸(写真中央)だが、開幕から3試合は2分1敗。自身に不用意なミスも出て、勝ちきれない試合が続いていたが、前節のYS横浜戦では今季初勝利をものに。序盤から攻撃力が爆発し、終始優位に試合が進む展開ではあったものの、最後まで集中を切らすことはなく『完封』で試合を締めくくった。

ストロングポイントは競り合いの強さや球際の強さ、カバーリング。またガンバ大阪への加入に際し、サイドバックとしての才能を見込まれただけのことはあり『スピード』も魅力だし、インターセプトにも自信を持つ。それらを武器にしながら、まずもっての目標である『J1リーグでの活躍』を1日でも早く実現するために、今はJ3リーグで経験を積み、成長することに気持ちを集中させている。
「全てのシーンでしっかりと競り勝って、チームの結果につなげること。このチームはDFラインがゼロにさえ抑えれば点を取れるはずなので、ボールを奪うタイミングや1つ1つのプレーの質をもっと上げていきたいし、それがチームの勝利につながるようにしていきたいです。今年は開幕前のキャンプもトップチームに帯同できたし、J1リーグ開幕戦でもベンチに座れた。そのことはモチベーションにもなったし、J1リーグで試合に出たいという思いや、そのためにはもっとやらなくちゃいけない、という危機感にも繋がった。それを自分やチームの結果につなげていくためにも、J3リーグでしっかりプレーを磨いていきたいと思います」
身長175センチ、体重60キロと、体は決して大きくない。でも、だからこそ、持ちうる武器を存分に発揮することで『相手FWが嫌がるディフェンダー』を目指す。

文:高村美砂(G大23担当)


明治安田生命J3リーグ 第5節
4月7日(日)14:00KO パナスタ
ガンバ大阪U−23 vs FC東京U−23
パナソニック スタジアム 吹田(ガンバ大阪U−23)
みんなの総合評価 (4.4)
臨場感 (4.7)
アクセス (3.3)
イベント充実 (4.3)
グルメ (4.3)
アウェイお楽しみ (4.7)