【徳島 vs 新潟】 ウォーミングアップコラム:どうやら、渡井理己の調子がいいようだ。

2019年3月29日(金)


昨季、徳島でプロ生活をスタートした渡井理己(わたい まさき)。高校時代は名門の静岡学園高校で10番を背負った逸材。第96回全国高等学校サッカー選手権大会静岡県大会決勝で、「何人突破したんだ!?」と数えたくなるくらい無双したドリブルからの得点は記憶にも新しい。

だが、ルーキーイヤーの昨季はどことなく特長を出せずにいる様子がうかがえた。フィジカル面の球際で苦戦し、特長のボールを保持したときにはドリブルを意識しすぎてなのか相手につかまりリズムを失うことが多かった。だが、昨季の終盤辺りから大幅に変化が表れた。相手にとって嫌なポジション取りが増え、特長である間で受けながら前を向いてドリブル、シュート、パスと選択肢のあるプレーが増えた。何があったかわからないが、急に変化したように感じる。

そして、今季はその積み上げがより形となってきた。「去年から継続してきたことで、今年はだいぶ自分らしさを出せていると思う」、「去年よりも余裕を持ってできているというか、意識しているプレーが常に出ているとも感じている」とコメントも上々だ。

苦戦してたフィジカル的にも変化があるようで「去年は相手に当たったら倒れていた。でも、今年は当たったときにもほぼ倒れなくなった。そういう面でも体が慣れてきたと思う」と言う。そこには「少しずつ筋トレもやってます。チャンさん(石井秀典)から教えてもらいながら(笑)」と良き先輩との出会いもあったようだ。

リカルドロドリゲス監督にも話を聞いたが「去年で言えば杉本太郎(現・松本)、前川大河(現・福岡)のような特長を持っているのが彼なのかなと思う」と言葉にし、練習試合でも活躍している様子については「先日の練習試合だけではなく、いいパフォーマンスが継続できている。練習試合だけでなく、練習に関しても」と評価が上がってきた。

渡井が調子の良さを感じるときは「前を向いてボールを運べたり、そこからチャンスを作れていること」だそう。逆に調子の悪さを感じるときは「前を向けなかったり、後ろの選択が多い。その結果、自分の中でリズムをつかめなくて悪い流れになる」。ということは、いまはきっと良い時期。

「チャンスがあれば、やれる自信はある」

ここからは総力戦となる今季初の3連戦。練習でいいパフォーマンスを続けていれば、出場の可能性は高まるだろう。とはいえ、チャンスが来ても焦ることなかれ。いつも通りやれば、大丈夫!


文:柏原敏(徳島担当)


明治安田生命J2リーグ 第6節
3月30日(土)14:00KO 鳴門大塚
徳島ヴォルティス vs アルビレックス新潟
鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム(徳島ヴォルティス)
みんなの総合評価 (4.2)
臨場感 (3.5)
アクセス (3.1)
イベント充実 (3.8)
グルメ (3.9)
アウェイお楽しみ (3.7)

観戦アドバイス大募集!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報