【鳥取 vs 富山】 ウォーミングアップコラム:「勝点3を取るしかない」巻き返しへの連敗ストップに意気込むMF可児壮隆

2019年3月30日(土)


相模原とアウェイで対戦した前節、1点ビハインドで迎えた鳥取の59分の同点ゴールは、MF可児壮隆の左足から生まれた。エリア内に入ったところで、MF星野有亮が落としたボールに反応して左足を一閃。ゴール右上スミに突き刺さる鮮やかな得点だった。

開幕戦でも得点を決めており、3試合で2得点の現状を「ゴール前に入っていくところ、シュートを打つ意識が自分の課題なので、その意識が得点に結びついていると思います」と分析する。相手ゴール前だけでなく、「しっかり自分のゴール前まで戻る。ボックス(ペナルティーエリア)の間を走ることは今年、意識しているので、得点に結びついてよかった」と語る通り、ボックス・トゥー・ボックスの動きで攻守の局面に絡んだ。加入1年目の昨季から不動の存在で、中盤の下がり目の位置を中心に、時に前線にも絡みながらパスワークの中心となっている。

鳥取は今季、開幕戦こそ勝ったものの、その後は2連敗。相模原戦も可児が同点とした直後に勝ち越され、1-2で敗れた。それでも「状態はあまり良くないですが、自分たちで落ち込んでいく雰囲気にならないようにしたい。チームを良い雰囲気にもっていきたいです」と語り、「個人としては、しっかり走って、両ゴール前で頑張る・得点を取ることが大事」と、求められるプレーをイメージする。

次節の富山戦は、練習拠点としている米子市のチュウブYAJINスタジアムでの今季初試合。「しっかり練習して、勝点3を取るしかない」。J2昇格への巻き返しに向けて、勝利だけを追い求める。

文:石倉利英(鳥取担当)


明治安田生命J3リーグ 第4節
3月31日(日)13:00KO チュスタ
ガイナーレ鳥取 vs カターレ富山
チュウブYAJINスタジアム(ガイナーレ鳥取)
みんなの総合評価 (3.7)
臨場感 (5.0)
アクセス (3.2)
イベント充実 (3.2)
グルメ (3.9)
アウェイお楽しみ (3.8)

観戦アドバイス大募集!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報