【愛媛 vs 長崎】 ウォーミングアップコラム:藤本佳希、ジレンマ拭い去り、唯一無二のストライカーへ

2019年3月22日(金)


愛媛は前節の山口戦に勝利し、明治安田J2リーグ第2節・東京V戦に続いてホーム2連勝。勝利への口火を切るゴールはまたしても藤本佳希(写真)によってもたらされた。
しかし、昨季以上に最前線での存在感を増している藤本だが、今季の船出となった開幕戦では人知れず激しいもどかしさを感じていたという。

愛媛はその試合の多くの時間帯で主導権を握り、幾度となくチャンスを作り出したが、結果はスコアレスドローに終わった。ポジティブな面の多かった試合内容からすれば、やや悔しい結果と言わざるを得なかったが、藤本が抱えたジレンマは試合結果で感じたものではなく、自身のプレーによるものだった。
決して悪いプレーをしていたわけではない。むしろ、前線で力強く攻撃の起点になり、多くのチャンスを演出したプレーは十分な評価に値すべきものだった。それでも藤本が浮かない表情を受けべたのは、「自分のプレーが出せたという感覚があまりなかった」から。開幕戦ならではの堅さもあってか、味方を生かす無難なポストワークが増え、自身で貪欲にゴールを狙う姿勢に欠けていたことを悔いていたのだ。
そんな思いを背負って臨んだ第2節・東京V戦では、相手DFに体を預けながら強引に反転してシュート。見事決勝ゴールを挙げ、抱えていたジレンマをすぐさま吹き飛ばすことに成功すると、前節の山口戦では自身がエリア内でファウルを受け、PKを宣告するホイッスルが鳴るやいなや、すぐさまボールを拾い、ペナルティスポットに立ってゴールの一点だけを見つめた。

チームは第4節終了時で1ゴールと得点力不足が課題となっていた中、指揮官から『チャンスは作れているので気にしなくて良い。やり続けてくれ』と声をかけられるも、「気にしすぎないようにやろうとしたけど、僕は一番前の選手。やはり気にする」と、ゴールという結果にこだわった。
その強い覚悟、責任感こそが藤本佳希を代えの利かない“ストライカー”へと成長させてくれるはずだ。

文:松本隆志(愛媛担当)


明治安田生命J2リーグ 第5節
3月23日(土)17:00KO ニンスタ
愛媛FC vs V・ファーレン長崎
ニンジニアスタジアム(愛媛FC)
みんなの総合評価 (3.4)
臨場感 (3.0)
アクセス (2.0)
イベント充実 (3.6)
グルメ (3.9)
アウェイお楽しみ (3.5)

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報