【C大23 vs YS横浜】 ウォーミングアップコラム:若きディフェンスラインを支える茂木秀。「ライバル」広島の大迫敬介のプレーからも刺激を受ける

2019年3月15日(金)


明治安田生命J3参入4年目の開幕戦となった前節。C大阪U-23は、ホームで昨季のJ3リーグ4位の沼津を2-1で撃破。幸先の良いスタートを切った。

プロ2年目、飛躍が期待される山田寛人の2得点も見事だったが、特筆すべきは、4人全員が、2種登録されたC大阪U-18の選手たちで構成されたディフェンスラインの踏ん張り。不安を抱えながらの一戦で、彼らが奮闘を見せて勝ち切ったことは、今後のリーグ戦を戦う上で非常に意味のあるところだ。

そして、彼ら4人を最後尾で支えていたのがGK茂木秀(写真)。試合前のアップ時に、「少し静かで緊張もあるのかな?」と感じると、「気負うことなくやれよ」と声をかけ、実際の試合でも、前半に訪れた相手FWとの1対1の場面を防ぐなど、チームに安定感をもたらした。

「(ルーキーイヤーの)2年前は、俺が周りに支えられていた。今年は人数も少ない分、自分が頑張らないといけない。支えていかないといけない」と自覚も十分だ。

沼津戦の前日、トップチームが戦った広島のゴールマウスを守っていたのは、茂木にとって1つ年下の大迫敬介。試合後、「J1でも堂々とプレーしていて、凄いなと思った。あの安定感は見習うところがある」とU-20日本代表での「ライバル」から刺激を受けたことも明かした。5月に行われるU-20ワールドカップ。正守護神の第一候補は現状では大迫だが、茂木も虎視眈々とメンバー入りを狙っている。そのためにも、J3での1戦1戦が非常に大事。今節も、若きディフェンスラインを後ろから支え、勝利に貢献すべくプレーする。

文:小田尚史(C大23担当)


明治安田生命J3リーグ 第2節
3月16日(土)14:00KO ヤンマー
セレッソ大阪U−23 vs Y.S.C.C.横浜
ヤンマースタジアム長居(セレッソ大阪U−23)
みんなの総合評価 (4.8)
臨場感 (4.7)
アクセス (4.7)
イベント充実 (2.3)
グルメ (4.0)
アウェイお楽しみ (2.3)