【札幌 vs 長崎】 ウォーミングアップコラム:ホーム戦デビューに意欲を燃やす高卒ルーキー。結果はもちろん、魅せるプレーも演じてみせる。

2019年3月12日(火)


「試合に出られれば」という枕詞つきではあるが、「プロなので、結果や数字を求めたい」と今シーズンから札幌に加入した高卒ルーキー、檀崎竜孔(写真)はこれから挑む公式戦に向けての意気込みを発している。今年はじめの高校選手権をともに制覇した仲間である福岡DF三國ケネディエブスがすでにリーグ戦で活躍を見せていることが「刺激になっている」と明かす。

今月6日のYBCルヴァンカップ第1節の横浜FM戦に先発出場し、すでにプロの公式戦を経験してはいるものの、「判断のスピードなどをもっと高めていかなければいけない」と現在の自分にはまだまだ課題ばかりであることを強調する。

また、冒頭のコメントでは結果、数字の部分を言葉にしていたが、次のようにも続けている。「結果や数字は求めますが、そこはプロとして当然の部分でもある。やはりプロサッカーは観てくれる人があってこそのものなので、ファン、サポーターに“魅せる”プレーも意識していきたい。もちろん、まだまだ足りない部分ばかりですが」

つい先日、高校の卒業式を終えたばかりだが、劇的に立場が変わり、サッカーが職業となった。でも、檀崎はその立場の人間が持たなければいけない責任感をすでにしっかりと持っているし、明確に言葉にできる選手である。

先日9日の明治安田生命J1リーグ戦第3節ではチームメイトたちが見事なパフォーマンスを見せて清水を相手に5-2で勝利。檀崎はスタンドからこの試合を見て、「自分も札幌ドームのスタンドを沸かせられるようなプレーがしたい、そう強く思った」

この長崎戦に向けて、高い意欲を燃やしていることは間違いない。

文:斉藤宏則(札幌担当)


JリーグYBCルヴァンカップ 第2節
3月13日(水)19:00KO 札幌ド
北海道コンサドーレ札幌 vs V・ファーレン長崎
札幌ドーム(北海道コンサドーレ札幌)
みんなの総合評価 (4.1)
臨場感 (4.0)
アクセス (3.9)
イベント充実 (3.6)
グルメ (3.5)
アウェイお楽しみ (3.2)

スタジアムナビ

移籍情報