【横浜FM vs 仙台】 ウォーミングアップコラム:“実直ゴールハンター”エジガル ジュニオが本拠でデビュー

2019年3月1日(金)


真面目――。開幕戦で接したブラジル人新戦力FW、エジガル ジュニオ(写真)の印象だ。

その敵地・G大阪戦で、名刺代わりの一発を決めて見せた。38分の3点目、仲川輝人との素早いパス交換から、飛び込んできたGKを見透かすようなチップキックで技ありゴラッソ。試合後、陽気なブラジリアンなら笑みを浮かべ饒舌に話しそうだが、彼は笑顔ひとつ見せず、ボソボソ話す…。

「初戦の試合でゴールという形を出せたのは、すごく嬉しいです。コンディショニングもよかったですし、プレーしていてすごく気持ちがよかったです」

言葉では喜びを表しているのだが、動くのは唇だけ。さらにエッ?と思ったのが、「どういうプレーを意識したか」という問いに対する答えを聞いて。

「前からのプレッシャーを監督から練習時に言われていているので、前線からプレスをかけて、ボールを奪って速くゴールへ攻めることを意識しながら、今日は挑みました」

点取り屋なら当然、攻撃の話をするかと思いきや、いきなり守備の話から始めたのだ。確かに試合中、地蔵のように中央からほぼ動かないのだが、相手GKやCBがボールを持つたびに、忠実に守備のスイッチを入れていた。

攻撃でも“地蔵モード”からの動き出しが極上。開始3分の仲川が奪った同点シーンが、その最たるもの。相手DFがボールウォッチャーになった刹那、視界から消えて半身の態勢で縦パスを受けて飛び出し、ボックス内の左側を崩したのを起点に得点が生まれた。

実直に守備をこなし、ボックス内で仕事ができる職人肌の背番号「30」。今節、ホームでの初お披露目も楽しみだ。

文:小林智明<インサイド>(横浜FM担当)


明治安田生命J1リーグ 第2節
3月2日(土)13:00KO 日産ス
横浜F・マリノス vs ベガルタ仙台
日産スタジアム(横浜F・マリノス)
みんなの総合評価 (4.6)
臨場感 (4.0)
アクセス (4.6)
イベント充実 (4.5)
グルメ (4.5)
アウェイお楽しみ (4.2)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報