【川崎F vs FC東京】 ウォーミングアップコラム:小林悠がレアンドロ ダミアンとの連携について語る

2019年2月22日(金)


小林悠(写真)が、開幕戦の多摩川クラシコに向けて意気込む。

「たくさんのサポーターが来てくれると思うので、笑顔で帰ってもらえるよう、頑張りたいです」

その川崎FはすでにFUJI XEROX SUPER CUPで浦和と対戦。スコアは1−0ながら内容で浦和を圧倒しており、仕上がり具合は上々だ。特にレアンドロ ダミアンの強さ、高さは今までの川崎Fにはない武器になっているのは間違いない。右サイドハーフとして先発が予想される小林は、そのダミアンとの関係について次のように述べている。

「ダミアンの高さだったりポストプレーを起点に自分は潜っていけると思うので、彼の近くでなるべくプレーするようにしたいです」

さらに公式戦を1試合戦った効果として、改善点が見つかったとも話す。

「前回の試合を見て、自分のところでまだ改善点だったり、ポジションの位置だったり。まだもっと良くなるという感触はあるので。試合で高めていきたいですね」

宮崎、沖縄合宿ではその本領はまだ発揮できていなかったダミアンだが、大事な公式戦の舞台でいきなり結果を出したのはご存知の通り。そのダミアンについて聞かれた小林は「練習ですごいいいかと言われるとそうでもないですが、本番であれだけやってくれて期待しか無いです」と話していた。

今季は3連覇を狙える立ち位置でシーズンに臨むが、変な気負いもなく前向きに受け止めているという。

「いい意味で責任感を感じて練習、試合に臨めていますし、いい意味でプライドを持って、別に高飛車なプライドではなくて、しっかり地に足を付けてでも高いものを目指してというプレッシャーを持ってやっています」

リーグ3連覇と史上初の4冠を目指し、チームの士気は高い。今年の川崎Fの強さを示す舞台として、多摩川クラシコで迎える開幕戦はまたとない機会と言えそうだ。

文:江藤高志(川崎F担当)


明治安田生命J1リーグ 第1節
2月23日(土)14:00KO 等々力
川崎フロンターレ vs FC東京
等々力陸上競技場(川崎フロンターレ)
みんなの総合評価 (4.3)
臨場感 (4.2)
アクセス (3.7)
イベント充実 (4.5)
グルメ (4.1)
アウェイお楽しみ (4.1)

観戦アドバイス大募集!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報