【2019シーズン始動!】川崎F:2019 新体制発表会見での出席者コメント

2019年1月28日(月)


1月27日(日)、川崎Fの新体制発表会見が行われました。コメントは以下のとおりです。

川崎フロンターレチケット情報はこちら!
----------

庄子春男GM
「今年もこのようにたくさんの皆さんにお集まりいただき、本当にありがとうございました。また昨年は力強いサポートをいただきました。おかげさまで連覇を達成することができました。ただ、カップ戦では非常に悔しい思いもしました。ですから今年はチャレンジといいますか、カップ戦のタイトルに向けて、リーグ3連覇はもちろんですけども、ACL、ルヴァンカップ、天皇杯などすべてのタイトルを強い気持ちを持って獲得することを目標にして戦っていきたいと思います。もちろん簡単ではない、難しい、ハードルが高いですけども、チームの成長というのも実感しております。そして何よりも、今年は選手のやる気が非常に伝わってきています。高い目標ではありますが、この目標に向かって一丸となって戦っていきたいと思っております。

それでは、今年の強化についてお話したいと思います。
目標であるタイトルを目指すということを含め、今年は3つのことを念頭に置いてチーム作りに取り組みました。
1つ目は、攻撃力をアップしたいということです。昨年は得点が57、失点が27。これはリーグ最多得点、最少失点ということで非常にいい数字ではあるんですけれども、以前から話している通り、攻撃は複数得点を目指しておりますので、正直、得点をもっと伸ばしたかったなと思っております。過去、得点が1試合平均2点以上で、失点が1以下のチームがどれくらいあるのかを調べてみました。過去10年のリーグで2チームあります。2017年のフロンターレ、そして2015年の広島です。ですからこの数値を追求することで、リーグ制覇に手が届くと思っております。ですからその数値を意識して今回補強をしました。
2つ目は、選手層を厚くしようということです。皆さんご存知とは思いますが、リーグ戦やACLは日本代表の試合があるときは開催されませんけれども、ルヴァンカップや天皇杯は日本代表の試合に関係なく開催されます。ですから日本代表への招集やケガなども想定して補強しました。誰が出てもチーム力が落ちないような戦力を整えたい、ということで補強に取り組みました。
3つ目は、将来を見据えた補強。若い選手を育成するということが非常に大事になってきます。ですから将来性豊かな、可能性のある選手を今回獲得しました。
以上の3つをふまえて、ここにいる8人が新加入選手として加わります。

最後になりますけど、今年は2月16日のゼロックスがスタートになります。それまでにしっかりと準備をしていくことが大切だと思っております。今年は非常に高い目標をあえて設定しましたけれども、クラブ全員が一丸となって全力を尽くしていきたいと思います。ぜひ皆様の力強いサポートを今年もよろしくお願いいたします。本日はどうもありがとうございました」

鬼木達監督
「皆さんこんにちは。今年も新体制発表会に多くの方が集まっていただき、また毎年温かい応援をしていただき、本当に感謝しています。

昨日までのキャンプ、11日間やってきました。例年以上に選手のやる気、やらなきゃいけないという気持ちが凄く伝わってくるキャンプでした。特にサッカーの部分というのはもちろんなのですが、走るテストを1つとっても、昨年、一昨年以上と比較にならないくらい記録が伸びていますし、1つ1つのトレーニングに対しての選手の高い意識というのもすごく感じています。今持っている意識を1年間、とにかく継続してこれからやっていきたいと思っております。

そしてこの高い意識がなぜ芽生えたかといいますと、間違いなく昨年、一昨年とタイトルを獲ったからだと思います。ですから今年、自分たちがやらなければいけないことは、Jリーグ3連覇。これは自分たちにしかないチャンスなので、とにかくこの3連覇を目指します。目指します、というか獲ります。

あとはカップ戦、ACL、ルヴァンカップ、天皇杯と非常に悔しい思いをしているので、とにかく狙えるタイトルは全て狙っていきたいと思います。簡単なことではないと思います。過去を見てもACLとJリーグを同時に優勝したクラブはないですし、4冠を獲ったクラブもないです。ただこの2年間指導させてもらって、新しく来た選手たちを見て、この選手たちならやれるんじゃないかなと思いました。何か成し遂げてくれるんじゃないかと僕自身期待しています。ですので皆様には、昨年以上に後押しをしてもらいまして、今年の最大の目標であるすべてのタイトル獲得のためにも、チーム、スタッフ、サポーターと全員で力を合わせて、タイトルを獲り続けましょう。ぜひ今年もよろしくお願いします」


【新加入選手あいさつ】

原田虹輝選手
「みなさん、こんにちは。昌平高校から来ました、川崎のファンタジスタになります、原田虹輝です。今日は温かく迎えていただきありがとうございます。リーグ3連覇やタイトル獲得に向けてチームに少しでも貢献できるように頑張っていきます。応援よろしくお願いします!」

宮代大聖選手
「みなさんこんにちは。(掲げられた横断幕をチラリとみて)『川崎の大砲』宮代大聖です!小さいころからの目標であったフロンターレでのキャリアのスタートができることが、素直に嬉しいですし、早く等々力のピッチでサポーターの皆様に活躍している姿を魅せられるように頑張りますので、応援よろしくお願いします」

藤嶋栄介選手
「川崎のファンタジスタ、川崎の大砲、そして川崎の元気印となれるよう頑張ります、藤嶋栄介です。皆さんもどうか栄ちゃんと呼んでください。よろしくお願いします。ここに来るまで何を話そうか全く考えていませんでした。大聖(宮代)と虹輝(原田)と面白いことなにしようかなとずっと話していたのですが、なにも2人ともしてくれませんでした(笑)。レノファ山口から来ました藤嶋栄介です。熊本県の大津高校出身で、彰悟(谷口)と同級生です。紳太郎(車屋)は1個下になります。よくサポーターの方に『彰悟君と同級生なんですか?』と聞かれますが、こう見えても26歳です。昨日も今日もキャンプ中も毎日のファンサービスの中で、奈良ちゃんのカードを出してサインくださいというのはやめてください(笑)。皆さん今日はしっかり僕の顔を覚えて帰ってください。僕自身、苦しいときからこうやって川崎でチャンスをいただけて、本当に感謝しています。全力で川崎のタイトル獲得に向けて僕のプレーを全面に出して頑張りますので、ぜひ応援よろしくお願いします」

馬渡和彰選手
「初めまして。サンフレッチェ広島から移籍してきました、馬渡和彰です。栄ちゃん(藤嶋栄介)の後ですごくやりづらいのですが(笑)。僕は真面目に簡潔に話します(笑)。J3からキャリアがスタートしたのですが、6年目で(リーグ)2連覇中の川崎フロンターレに移籍することができました。常に向上心を持って、取り組んできた結果だと思うので、ここで終わりではなく、川崎でも向上心を持って川崎が掲げる4冠という大きな目標に向かって僕自身の全てを出したいと思います。応援これからよろしくお願いします。ありがとうございました」

山村和也選手
「こんにちは。セレッソ大阪から加入しました、山村和也です。去年はヤンマースタジアムで優勝に水を差してすみませんでした(笑)。今シーズンは川崎フロンターレで得点を量産できるように頑張りますので、応援よろしくお願いします」

ジェジエウ選手
「こんにちは。ジェジエウです。こうしてフロンターレの一員としてここに立っていることを幸せに思っております。まだ日本語は全然わかりませんけども、これから勉強して少しでも日本語を話せるように頑張っていきます。自分たちの目標はたくさんあると思いますけど、その中で自分たちの目標を達成するという1つの目標を達成することが最大の目標だと思います。日々のトレーニングの中から、すべての人たちと共に日々の努力を結果として出していきたいと思います。頑張ります(日本語で)」

マギーニョ選手
「ここにいられることに幸せな気持ちでいっぱいです。またここにいる人たちみんなの夢を自分も一緒にここで達成していきたいと思います。ここで皆さんと一緒に戦えることを嬉しく思いますし、日本に来るチャンスを与えてくれたクラブ、フロントの皆さんに感謝しています。自分も皆さんと一緒に戦って結果を出したいと思っております。このように温かく迎えていただいたことに感謝でいっぱいです。ありがとうございます(日本語で)」

●レアンドロ ダミアン選手
「こんにちは、レアンドロ ダミアンです(日本語で)。本当に幸せを感じています。クラブ、クラブ関係者の皆さんにチャンスをいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。またこの素晴らしいチームに来られたことを嬉しく思っています。自分も母国では数々のタイトル、(ロンドン)オリンピックでは得点王と色々な経歴を掲げてここに来ています。いまここにいる選手、チームメイトたちと日々の努力、そして1日でも早くフィットできるように自分の最大限をピッチで表現していきたいと思います。頑張ります(日本語で)」

以上。



J's GOAL人気コンテンツ!スタジアムナビで川崎Fのホームスタジアム「等々力陸上競技場」の様々な情報をお伝えしています!皆さんの投稿機能もできたので、ぜひ投稿してくださいね!
等々力陸上競技場(川崎フロンターレ)

スタジアムナビ

移籍情報