【2019シーズン始動!】山口:新加入発表会見での出席者コメント(1)

2019年1月21日(月)


1月20日(日)、レノファ山口の新体制発表会が山口県宇部市で行われました。コメントは次のとおりです。

2019シーズンパス 受付中!

----------

河村孝社長
「みなさんこんにちは。本日は雨の中たくさんの方に集まっていただき、ありがとうございます。霜田体制2年目を迎える今シーズンですが、スタッフ、選手、お集まりいただいたみなさま、レノファを応援いただいているみなさまとともにJ1昇格を目指して頑張っていきたいと思います。今シーズンも熱い熱いご声援をよろしくお願いいたします」


霜田正浩監督
「今シーズンもレノファ山口で指揮を執らせていただくことになりました霜田でございます。昨年は本当にいいときも悪いときも熱い声援をいただいて本当にチームの力になりました。感謝申し上げます。ありがとうございました。

今シーズンは去年、とても悔しい思いをしたので、それを皆さんと一緒に晴らすべくいいメンバーが集まってくれました。去年1年間でレノファがどういうサッカーをするのか、山口というクラブがどういうクラブなのかをJ2リーグを通して世の中に発信してきました。

それを受けて、ここでサッカーをやりたい、ここでサッカーをうまくなりたいという選手がほかのチームの誘いを蹴ってうちに残ってくれて、ほかのチームの誘いを蹴ってうちのチームを選んで来てくれました。本当に僕自身がこのメンバーでサッカーをやるのをわくわくしています。今年もみなさんをわくわくさせながら、勝てるかどうかは分かりませんが、勝っても負けてもまた応援したくなる、また見に行きたくなる、山口県のみなさんに誇りに思ってもらえるようなチームを選手スタッフ一丸で作っていきたいと思っています。今年こそはみなさんが望む一番大きな目標を皆さんと達成できるように頑張りますので、今年もより一層のご支援ご声援をよろしくお願いいたします」

山口は2019年のスローガンを「ORANGE SOUL ~山口を魂で染め上げろ~」に決定。霜田正浩監督が狙いを説明し、キャプテンの三幸秀稔選手が今季に向けた決意を語りました。

霜田正浩監督
「オレンジ色の魂を持って戦いましょうということです。そのために僕らは五つの行動指針(維新、ファイト、思考、前進、感謝)を決めました。山口県のみなさんのDNAでもある『維新』。新しいことのチャレンジしよう。今までやっていなかったからやらないとか、ほかの人がやっていないからやらないからではなく、常に新しいことにチャレンジしようということです。そしていろいろなものと戦わなければいけない。自分とも敵とも味方ともプレッシャーとも、いろんなところと戦わないといけない。戦える選手になりましょうということです。それから考えてサッカーをやろう。このユニフォームを着ている以上、相手にどうやって勝つか、どこにスペースがあるか、そういうことをちゃんと考えてサッカーをやりましょう。そして『前進』です。僕らはボールを後ろに帰して後ろでちんたら回すようなことはしません。相手のゴールに向かってとにかく前に進んでいく。いろんなことはありますが、チームは全体として前に進む。J1に上がる、ACLに行く。いろんなところで前に進むことができると思いますので、それをぜひ皆さんと一緒にやりたいと思っています。そしてここにいられてサッカーができる喜び、サッカーで飯が食える喜び、みなさんに応援していただいているので僕らがサッカーに集中できる。そういうことのすべてについて感謝しよう。自分たちがここになぜいられるのか、常に感謝の気持ち持ってプレーしましょうと。これを去年の夏、社長、GM、僕らスタッフみんなで考えました。これをオレンジのジャージーを着ているみなさんを含めて、オール山口でこういうことを考えながら日々の仕事、生活、週末、こういう魂を持って戦いたいと思います。ぜひよろしくお願いします」


三幸秀稔選手(キャプテン)
「みなさん、こんにちは。今シーズンもキャプテンを務めさせていただきます三幸です。去年はレノファでは最高順位の8位で終えることはできましたが、僕たち選手、スタッフは全く満足していません。シーズン途中で2位という結果で折り返せていたにも関わらずシーズン終了で8位。何が足りなかったかというと練習で一つ一つのところ、甘さが出た結果がつながったと思います。今シーズンは個性のある、特徴のある選手たちが多く集まってくれて、去年の悔しい思いをしている選手もたくさんいます。こういう選手たちでいいトレーニングをして、切磋琢磨して、激しいポジション争いをして、一つ一つのゲームに情熱を持って戦っていきます。その結果がJ1昇格という大きな目標にたどり着けるように頑張っていきますので、今シーズンも応援をよろしくお願いします」


<新加入選手あいさつ>

アジアカップに出場しているウズベキスタン代表のドストン選手を除く10人があいさつしました。

永石拓海選手
「山口県防府市出身の永石拓海です。シーズンの初めになるんですが、新加入選手のあいさつの一番なのにこんな足で参加してすみません。ケガは3カ月と診断されていますが、それよりも早く復帰してレノファ山口を早くJ1に上げられるように、山口県の力になっていこうと思っていますので、応援をよろしくお願いします」


田中パウロ淳一選手
「背番号7番、MFの田中パウロ淳一です。よろしくお願いします。そして。(ユニフォームの下に着用していた背番号15のユニフォームを出して)背番号15番、ドストンです。僕もよろしくお願いします。1年間よろしくお願いします」

司会「田中パウロトゥルスノフ選手、ありがとうございました」

佐々木匠選手
「パウロ選手のあとでちょっとやりにくいんですが、ベガルタ仙台から移籍してきました佐々木匠です。僕自身、将来日本代表だったり、海外でプレーしたいと思っていて、その中で今年の1年は重要な一年だと思っていて、自分自身もそうですが、チームをしっかりJ1に昇格させて、自分も結果も残して、飛躍していきたいと思います。よろしくお願いします」

吉濱遼平選手
「FC町田ゼルビアから移籍してきました吉濱遼平です。早くチームに馴染んで、チームのJ1昇格に向けて貢献できるように頑張るので、応援をよろしくお願いします」


工藤壮人選手
「みなさんこんにちは。背番号19番のFWの工藤です。一試合でも多く、一勝でも多く一緒に戦って、ヤマグチ一番(※試合後のラインダンス)を一緒に踊れるように全身全霊を尽くしますので、熱い声援をよろしくお願いします」

田中貴大選手
「背番号21番の田中貴大です。僕は下のカテゴリーから来たので謙虚に、雑草魂を持ってJ1昇格のために貢献したいと思います。よろしくお願いします」

起海斗選手
「興国高校から来ました起海斗です。ちょっと緊張しています。年は一番で…、(マイクを外して)年は一番下ですが、サッカーをしている以上は年齢は関係ないので遠慮せず、ケガが治ったらすぐに試合に出られるように、今はリハビリを頑張ります」


小野原和哉選手
「みなさん、こんにちは。流通経済大学から来ました坪井慶介です!(会場爆笑) 小野原和哉です。精一杯頑張ります。よろしくお願いします」


菊池流帆選手
「ミナサーン、コンニチワー! 大阪体育大学から移籍してきました菊池・W・流帆でぇす!

すごい、僕、緊張しているんですが、どうしようかなと思っているんですが、ここで一発芸をやっておこうかなと思いまして。いいっすか? 撮っておいてくださいよ。しっかり」

 (※一発芸。説明不能)

「僕はもう底辺からのスタートなので、雑草魂を忘れずに全力で戦います! みなさん、応援よろしくお願いします。ファイアー!」

司会「えー、高校、大学の先輩の池上丈二選手、なんとかしてくださいね」

廣末陸選手
「みなさんこんにちは。高校の先輩(菊池)がこんなのですみません。レノファ山口のJ1昇格のために全力で頑張りたいと思いますので、熱い声援、よろしくお願いします」


新加入発表会見での出席者コメント(2)はこちら!



J's GOAL人気コンテンツ!スタジアムナビで山口のホームスタジアム「維新みらいふスタジアム」の様々な情報をお伝えしています!皆さんの投稿機能もできたので、ぜひ投稿してくださいね!
維新みらいふスタジアム(レノファ山口FC)

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報