【2019シーズン始動!】FC東京:2019新体制発表会での出席者コメント(2)

2019年1月13日(日)


1月12日(土)、FC東京の新体制発表会見が行われました。会見での出席者のコメントは以下のとおりです。

お得に観戦しながら、クラブをサポート!クラブサポートメンバー募集
----------

2019新体制発表会での出席者コメント(1)はこちら

●児玉剛選手
「山形時代に(FC東京と)対戦したのは、天皇杯の1試合。格上のクラブ相手に、チャレンジャーとして戦った。個人の能力が高く、楽しいぐらいに強かった。もともとJ1の京都からキャリアをスタートさせて、常にJ1でプレーしたいという気持ちと自信はあった。当然、このチームに貢献するためにきた。試合に出て活躍することもそうだが、置かれた立場で全力でプレーする、与えられた場所で100%でプレーしたい。GKのポジションは一つだが、気持ちもやることも変わらない。出れば100%で、一喜一憂せずにやりたい。(FC東京からのオファーが来た時)ビッグクラブでプレーできることは喜び。迷うことはなかった。1番はずっと着けてきた、昔から一番なじみのある番号。似合うように頑張っていきたい」

●宮崎幾笑選手
「ドリブルやスピード、裏に抜ける回数は自信になる。(東京オリンピック代表は)ここで結果を出さないと注目されない。金沢も(FC東京のように)サイドハーフがプレスの速さや、タイミングは似ている。この2年間、そのスタイルは東京のやり方にもマッチしている。(面識のある選手はほとんどいないので。まずは)キャンプで話しながらやっていきたい。金沢で2年間積んできた経験を生かしてここで活躍したい。(幾笑は)幾度も笑う。たくさん笑う子になってほしいという由来。今年もたくさん笑える年にしたい」

●中村拓海選手
「自分が試合に出て活躍したいと思います。自分は攻撃参加が武器だと思っている。(羽生直剛スカウトは)9月ぐらいに毎週試合にきてくれてFC東京のいいところと、ウィークポイントを丁寧に説明してくれました。拓海はここが東京のサッカーにあっているということも、毎週見てくれてうれしかった。(将来の夢は)ワールドカップで優勝することと、プレミアリーグで活躍する選手になることです。マルセロ選手のような攻撃力と、ラーム選手のような守備力を身につけることが理想です。U-20ワールドカップに向けて試合に出て、代表監督にもアピールしたい。注目されるのは苦手ですが、試合に出れば有名になる。それを原動力にできるようにしていきたい。守備やプレー強度が足りないし、体もこれからもっと鍛えていきたいです」

●渡辺剛選手
「(FC東京のCBは)Jリーグの中でも、厳しいポジション争いがあると思って入ってきた。怯むことなく、ガツガツ成長にもつながるようにしたい。特長はヘディングと、カバーリング、泥くさくて若手にしか出来ないがむしゃらさを出して突き上げていきたい。チームがいい方向にいけるようにしたい。(憧れの選手は)クリスティアーノ ロナウドで、誕生日が一緒だから。トップトップの選手でも努力を惜しまない姿とか、大好きです。東京オリンピック世代なので、そこに入りたい」

●アルトゥール シルバ選手
「日本のサッカーは、非常に速いイメージ。パスの技術も高くスピーディーなサッカー。(Jリーグのブラジル人選手とは)交流はそれほどない。背番号の45は僕にとって幸運な番号。他のクラブでも使っていて、いい番号だった。ディフェンスに近いポジションだけど、ボールを前に運びながらラストパスだったり、エリア外からシュートを打つのも得意です。チームによって(役割は)違うが、攻撃参加をするボランチでした。ボールを奪って前に出ていくことが特長。(お手本にするのは)レオ シルバ選手。まだまだ彼ほどすばらしくはないが、少しでも近づけるようにしたい」



J's GOAL人気コンテンツ!スタジアムナビでFC東京のホームスタジアム「味の素スタジアム」の様々な情報をお伝えしています!皆さんの投稿機能もできたので、ぜひ投稿してくださいね!
味の素スタジアム(FC東京)

スタジアムナビ

移籍情報