【2019シーズン始動!】福岡:2019新加入会見での出席者コメント(2)

2019年1月12日(土)


1月12日(土)、福岡の2019新加入会見が行われました。コメントは以下のとおりです。

アビスパ福岡シーズンシート2019(チケットタイプ)販売中!
---------

新加入会見での出席者コメント(1)はこちら!

Q:選手の皆様に共通の質問を2つずつお願いしたいと思います。1つ目、アビスパ福岡からオファーをもらったときの心境、桑原、北島両選手は改めてトップチームに昇格が決まった時の想いを教えてください。2つ目、先ほどフリップでもご紹介いただいた方もいらっしゃいますが、自分のセールスポイントは何でしょうか?どんな武器を活かしてチームの勝利に貢献したいのか決意を聞かせてください。

田邉選手
「オファーをもらったときは、僕は(国内でFC)東京から移籍したことがなかったので、正直すごく悩みました。でも魅力的なアビスパからのオファーでしたし、『J1昇格という目標に必要』と言ってくれたので、心が揺れて、移籍を決断しました。セールスポイントは、僕はボールを持つのが好きなので、ドリブルだったり、パスだったり、あとは走るのも得意なので、そういうのがセールスポイントです」

石原選手
「まずオファーをもらったときの心境は、僕は湘南ベルマーレで育ってきて、他のチームでサッカーをやったことがなかったのですが、まずはチャレンジしたい気持ちが大きくて、そこで(アビスパが)声を掛けてくれて、自分自身がチャレンジしたいという気持ちが強くて(アビスパへの)加入を決断しました。自分のセールスポイントは、まず1つ目は戦うこと。自分はファイターのタイプだと思っているので、チームの為に走って、走ることをいっぱい。球際のところで負けないということが自分の特長だと思っているので、戦うところに注目してもらえればと思います」

前川選手
「オファーをもらったときの心境は、鈴木強化部長から話をさせてもらって、新しい監督で、攻撃的でポゼッションをするというのを聞いて、『自分に合っているな』と思いましたし、魅力的だなと思って(移籍を)決断しました。セールスポイントは、攻撃の部分が僕は好きなので、ボールを触って攻撃の起点になれればと思います」

喜田選手
「僕がオファーをもらったときの心境は、セレッソ大阪で小学校からやってきたんですけど、(アビスパ福岡が)すごく良いチームだと小学校の時から知っていて、熱い心をもらっているので、このチームでJ1昇格を目指して少しでも力になれたらと思い、このチームを選びました。僕自身が持っているセールスポイントは、このチームは攻撃的なサッカーをするんですけど、ボールを失ったときとかにセカンドボールを拾ったりするのが自分自身は特長だと思っています」

北島選手
「僕がトップチームに昇格することになった時は、すごく嬉しく思いました。僕は保育園のころからアビスパ福岡のサッカースクールに通っていて、その中で僕のサッカー人生で一番在籍年数の長いこのアビスパ福岡というクラブでプロになれることができたのはとても嬉しかったのを覚えています。僕の特長は、ドリブルです。ゴールに直結するようなドリブル、そこからのパスだったりというのをレベスタの舞台でも発揮できるように頑張ります」

桑原選手
「(トップチームに)昇格が決まったときは、嬉しかったです。小さいころからレベスタのピッチで試合を見ていたので、自分もこのピッチに立ちたいという気持ちが小さいころから強くて(トップチームに)昇格が決まったときは、本当に嬉しかったです。自分のセールスポイントは、縦への突破とスピードを活かしたプレーです」

セランテス選手
「このオファーが届いた時には、すごく誇りに思いました。すごく嬉しかったです。アビスパの皆さんにはすごく感謝しています。自分の特長としては、すごく良いキャラクターを持っていると思うので、ピッチの中では、しっかりチームを率いて、勝つために選手たちに自分が経験してきたヨーロッパスタイルというのを伝えていければと思います」

Q:鈴木強化部長にお伺いします。去年も今年も「J2優勝、J1昇格」同じ目標に挑まれることになると思いますが、昨年のチーム編成は実績と経験のあるベテランの選手が多くて、今年は年齢の若い選手が多くなっています。その辺の考え方の変化についてお聞かせください。

鈴木強化部長
「正直、年齢のところは、そんなに重要視はしていません。喜田陽はまだ18歳ですし、石原も、(前川)大河もまだ若いですけど、去年も喜田に関してはJ3での経験もありますし、2人(石原と前川)も前チームでの経験もあるので、年齢のところはあまり考えていません。ただ、チーム内でのバランスもありますので、あと2人の補強を進めていく中で、少しバランスを考えながら、もう少し年齢と経験のある選手を獲得できればというふうに思っています」

Q:鈴木強化部長にお伺いします。中盤のサイドと点の取れるセンターフォワードを補強予定というお話をお伺いしました。言える範囲で構いませんので、外国籍選手で探していらっしゃるのか、あるいは国内、日本人なのか、少しだけヒントをお願いします。

鈴木強化部長
「センターフォワードは外国人で考えています。中盤のサイドに関しては、恐らく日本人になるのかなと。言える範囲で(笑)」

Q:鈴木強化部長にお伺いします。今季は24人という少数編成にされる理由ですが、シーズン途中で補強とか柔軟性を持たせるのかということと、少数精鋭にされる理由をお聞かせください。

鈴木強化部長
「昨年も26名でシーズンを戦いました。26名でも、恐らく他チームと比べても少数だと思うのですが、今シーズンは24名ということを想定しています。まずファビオ監督と話している中で、ヨーロッパでは、トップチームは少人数でやっているクラブがほとんどで、ファビオ監督もそう考えていて、22~24名ぐらいだというところで、先ほど話がありましたけれども、若い選手が多いということで24名にしようかと話を進めてきました。たくさん選手がいるデメリット、メリット両方あると思うんですけども、ケガ人が出たりして少ない人数でやっていると人数が足りないということはありますが、普段のトレーニングを考えると、若い選手が11対11のトレーニングに参加できないということも今まで見てきましたので、僕自身も少数人数で監督の目が行き届く、若い選手がトレーニングで成長できる環境というのが望ましいと思っていましたので、僕自身も少数人数でやるということが良いことだと考えていました。その中で監督とも意見が一致したので、今シーズンは24名でスタートということです。シーズンが始まって、人数を増やしていくかというところはあまり考えていません。多くても1人増えるか程度で、少人数で1年間戦っていきたいと思っています」

Q:今おっしゃったニュアンスですと監督の意向が強かったということでしょうか。監督からも24人体制、少なくやることに関してのメリット、狙いをお伺いできればと考えています。

ファビオ ペッキア監督
「まずは私の考え方もそうでしたし、クラブの考えとも一致したというのが理由の一つです。やはり人数が増えるとコミュニケーションが難しくなりますし、チームとして一つにまとまるのが難しくなるものです。少人数でやっていけば、みんなのコミュニケーションも取れて、もっと良いプレーが出てくるのではないかと思います」

Q:ここからはサポーターからの質問です。全選手に対しての質問ですが、アビスパの正直なイメージはどんなものでしょうか?

田邉選手
「本当に勝手なイメージですけれど、若くてイケイケの選手が多い。そのぐらいしか(笑)。あとはやっぱ福岡という良い街にあるので、そこは魅力的で良いイメージです」

石原選手
「僕がイメージしている福岡の印象は、一昨年、J2で湘南と福岡の平塚での試合があったんですけど、その時は、結構、湘南が押していて優勢に試合を進めていたんですけど、1つのゴールで一気に0-3にされてしまったという衝撃的な試合でした(笑)。その1失点目は僕がマークを外して、セットプレーで失点してしまったんですけど、そこから一気に3点を決められてすごく悔しかったし、その時、本当に『強いな』と思いました」

前川選手
「僕はすごく守備的なイメージしかなくて。個人的には、対戦した時に、すごく自分的には『相性が良いな』とは思っていました」

喜田選手
「僕は2015年のセレッソ大阪対アビスパ福岡のJ1昇格プレーオフ決勝の試合で、セレッソが負けちゃったんですけど、(サポーターの方から引き分けという声に笑いが起こる)いや引き分けか、引き分けで、アビスパがアウェイで(サポーターの方からホームという声に笑いが起きる)、いやホームですごいサポーターが来てて、熱いサポーターが多かったので、すごく良いチームだなと思いました」

北島選手
「スピードあふれるサッカーと、熱狂的なサポーターによる大きな声での声援というのが僕のアビスパに対するイメージです」

桑原選手
「僕のイメージは、守備が固くて全員がよく走るチームというイメージです」

セランテス選手
「クラブに関しての印象は、すごくサポートしてくれたということです。自分が日本に1人で来た時にもコーチがサポートしてくれましたし、新たな環境に入りやすいようにしてくれたので、すごく感謝しています。チームの印象としては、他の選手達が言っているように守備的なイメージがあるんですけど、やはり新しい監督が来たことで、もっと攻撃的なサッカーに今年からなっていくと思います。どんどん一緒になって戦っていきましょう」

Q:セランテス選手に質問が来ています。アビスパのディフェンダーには、クセの強い選手がいますが(笑)、コーチングなどコミュニケーションをとる自信はありますか。

セランテス選手
「そういう選手に関しては、できるだけ早く『落ち着いて』というふうに(笑)。できるだけカードをもらわないように、後ろからサポートできるようにやっていきたいです」

Q:最後の質問です。まずは田邉選手に「そうたん」と呼んでもいいですか?という質問が来ています。

田邉選手
「是非、呼んでください。本当に親から呼び捨てにしやすい名前というので、この名前をつけられたので、是非、気軽に呼んでください」

Q:今、田邉選手の呼び方が「そうたん」に決まりましたが、石原選手以降、何と呼ばれたいですか?

石原選手
「下の名前『ひろかず』で。漢字が分かりづらいと思いますけど、『教』と書いて『かず』と読みます。『ひろのり』とよく間違えられるんですけど、『ひろかず』なので、『ひろかず』と呼び捨てでも全然いいので、仲良くできたらと思います」

前川選手
「僕は『たいが』でお願いします」

喜田選手
「僕は『ひなたん』でお願いします(笑)」

北島選手
「僕は北島なので、『キタジ』とか『ユウジ』とか呼ばれているので、それでよろしくお願いします」

桑原選手
「僕は(下の名前が)海人と言うので『カイト』と呼んでください。

Q:セランテス選手はセラたんでいいですか?(笑)

セランテス選手
「みなさんが呼びやすい呼び方でいいです。スペインではいろいろな呼ばれ方をしていたので、名前は『セラン』なので『セラン』でお願いします」



J's GOAL人気コンテンツ!スタジアムナビで福岡のホームスタジアム「レベルファイブスタジアム」の様々な情報をお伝えしています!皆さんの投稿機能もできたので、ぜひ投稿してくださいね!
レベルファイブスタジアム(アビスパ福岡)

スタジアムナビ

移籍情報