【2019シーズン始動!】新潟:2019シーズン新体制発表記者会見での出席者コメント

2019年1月11日(金)


1月10日(木)、新潟の2019新加入選手記者会見が行われました。コメントは以下のとおりです。

2019年のシーズンパスのお申し込みはこちらから!
----------

是永大輔代表取締役社長
「厳しい予算ではありますが、昇格を目指すことはもちろん、どうやってみなさんの期待感、わくわく感を極限まで高めていくかということを考えてこのメンバーが集まっています。ギリギリの中で強化部が頑張ってくれたことが非常に大きいかと思います。

結論、できる限りの中で、これまでとこれからのアルビレックス新潟のすべてを凝縮したチーム編成をしました。大きく分けて3つテーマがあります。1つはブラジル人が6人。アルビレックス新潟のお家芸ともいえるブラジル人選手が6名体制です。

2つ目が野澤、チョ ヨンチョルという、まさにアルビレックス新潟の歴史を紡いできた選手、3つ目が2018年快進撃のベースとなったメンバー、プラス若い選手たちという、3つの狙いを持って今年の編成をしました。

これまでアルビを一緒に作ってくださったみなさん、新しくアルビを応援したくなってくれているみなさん、そして老若男女すべてのみなさんがいる背景ごと、アルビレックス新潟を楽しんでいただける編成になっていると思います。

まず1つ目の説明なんですけれども、ブラジル人6人体制、ヨンチョルを含めて外国籍選手7名、試合に常時出場できるのは4名なんですけれども、7名の編成。いわば、外国籍選手7人のサムライという感じかもしれませんが、なぜこうなったかというと、J2は42試合あります。1年間、長いシーズンです。必ずチームにも選手にも波がある。それを高いレベルで維持していくためには、やはり外国籍選手(の出場が)4つの枠だったら、それ以上の選手が必要なのではないか、ということ。そういう狙いが1つ。

2つ目が、外国籍選手にも競争が必要だということ。これまで数年間、外国籍選手がスターティングメンバーに入ってこなかったケースもあります。もともと外国籍選手は助っ人という意味合いで設けられているものなので、ここをフル活用したいという思いがあります。

3つ目が、ご存知かもしれませんが、J1の外国籍選手の出場枠は5名です。それに向けての準備をしている、という意味合いもあります。これがブラジル人選手6人、ヨンチョルを含めて外国籍選手7人の意味合いです。

続いて野澤選手、チョ ヨンチョル選手について。この2人に関しては、かつて在籍した中でもアルビレックス新潟を深く愛しているという意味では、有数の選手たちだと思っています。年齢を重ねたことで円熟味を増したプレー、いわゆるアルビレックスらしいプレーというものをもちろん期待していますけれども、そもそもアルビってどんなクラブなのか。どれだけ多くの人に支えられているクラブなのか。クラブの歴史そのものである、アルビ魂のようなものを、若い選手たちにも伝えてくれると思っています。これから新しくクラブの歴史を作っていく中で、ぶれないクラブになるために、この2人の存在はとても重要だと思っています。

3つ目としましては、2018年シーズンをベースとして戦いたかったということです。昨年9月以降、快進撃を続けたメンバーの大半に残ってもらうことができました。片渕監督の求めるアグレッシブ、かつハードワークを体現できる選手たちです。間違いなく2018年の戦いがベースになっていく上で、また若い選手、高卒の選手が4人入ってくる、それから早川史哉が復帰するということで、ここのメンバーもベースでありながら競争があって、アルビレックス新潟がさらなる高みに進んでいくという狙いがございます。

先ほども申しましたが、難しい状況だったんですが、強化部を中心にわくわく感を高めるという意味では、ほぼベストを尽くせたんじゃないかな、と思っています。

引き続いてチームのスローガンです。このメンバーで、「走れ!ニイガタ流儀」というのを一つのキーワードとして、今年、進めていきたいと思います。これは昨年から私が申しあげておりますが、アルビレックス新潟のサッカー、ビッグスワンのお客さんが一番喜ぶサッカーを一言で表すと、おそらくこれになるんじゃないか、と。サッカーですから、勝ち負けは当然あります。あるんですけれども、ビッグスワンに来ていただければ、わくわくするサッカー、走るサッカー、これをお見せすることはお約束できます、ということで今シーズン戦いたいと思っています。

もちろん昇格を目標としていますが、昇格するチームには必ず機運があると思っています。我々も以前、J2からJ1に昇格したときに、あれだけたくさんのお客さんがJ1に昇格するという思いを持ってスタジアムに集まってくれました。今年も、その機運を作っていきたいと思っているんですけれども、それを作るのはクラブだけじゃなくて、サポーターのみなさん、メディアのみなさん、そして地域のみなさんが一体となって機運を作りたいし、作ってほしいと思っています。

ですので、今、スタジアムにいらっしゃっているみなさんには、それぞれ1人以上、お友達を連れてきてほしい。さらに、スタジアムから去ってしまったみなさんも、久しぶりに見に行ってやるか、というくらいの気持ちで帰って来ていただきたい。みなさんがこのわくわく感に乗っていただければ、スタジアムは満員になるかもしれない。そして満員のスタジアムでこのチームを後押しできれば、必ず昇格できると信じています。

最後にクラブからお願いなのですが、新規の方も、帰って来る方も、シーズンパスをぜひ購入して、試合を楽しんでほしいと思っています。歴史に残る、最高のシーズンになるんじゃないかと思っています。開幕戦から最終節まで、皆さんと一緒に盛り上げて歴史を作り上げたいと思います」


片渕浩一郎監督
「みなさん、こんにちは。昨年に引き続き、今シーズンも指揮を採らせていただくことになります片渕浩一郎です。今、是永社長からお話がありました。目標はJ1に昇格することですし、クラブのスローガンを私たちがピッチで体現したいという強い気持ちでいます。

また、ここに多くの新加入の選手たちが集まっています。昨年から引き続きプレーしてくれる選手たちと、この新しいパワーとを融合させて、我々の目標であるJ1に昇格するという強い思いを持って、チーム一体となってやっていきたいと思っております。

昨年から申し上げておりますが、新潟のスタイルとはどういうものか。それをピッチで表現したいですし、サポーターのみなさんが応援したいというチームにしたい。応援したい、そう思えるようなゲームを展開したい。エキサイティングで、見ていてわくわくする、ドキドキする、そういうフットボールを、このビッグスワンで展開したいと思っています。

今後、いろいろなところで、マスコミのみなさまの力をお借りすることも多くなると思います。みなさんも我々とともに戦っていただければと思っておりますので、今後ともよろしくお願いいたします」


[新加入選手コメント]

●パウロン選手
「こんにちは。ディフェンダーで3番のパウロンです。ディフェンスなので、もちろん守備で貢献したいですが、身長が高く、ヘディングも得意なので、攻撃の面でもチームに貢献したいと思っています」

サムエル サントス選手
「こんにちは。ディフェンダーで3番のパウロンです。ディフェンスなので、もちろん守備で貢献したいですが、身長が高く、ヘディングも得意なので、攻撃の面でもチームに貢献したいと思っています」

シルビーニョ選手
「こんにちは。シルビーニョといいます。ポジションは中盤で、今シーズンの目標であるJ1昇格を目指して、みんなで一緒になって頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします。違う国でのプレー経験もあるので、それを生かしながら、中盤で技術を発揮して、J1昇格に貢献できればと思っています」

レオナルド選手
「こんにちは。レオです。僕の特徴はゴール前でのプレー。たくさんの点を取るところを、みなさんにお見せしたいと思います。よろしくお願いします」

フランシス選手
「フランシスです。僕の特徴はスピードです。中央から、そしてサイドからどんどん駆け上がるプレーをみなさんにお見せします。よろしくお願いします」

カウエ選手
「こんにちは。カウエです。MF、ボランチ、17番です。僕の特徴である頑張るところ、努力するところを、もうみなさんに見ていただいていますが、さらに精度を高めていきたいと思っています。よろしくお願いします」

岡本將成選手
「こんにちは。新潟U-18から昇格した岡本將成です。僕の特徴はスピードを生かしたカバーリングと、自分では攻撃的なセンターバックだと思っているので、(ボールを)持ち上がってのスルーパスとシュートも得意です。J1昇格のために頑張りたいと思います。応援、よろしくお願いします」

藤田和輝選手
「こんにちは。新潟U-18から昇格した41番、藤田和輝です。ポジションはゴールキーパーです。自分の特徴は体を張ってゴールを守ることと、正確なビルドアップだと思っています。アカデミー育ちの(トップ昇格)第1号として、1試合でも多くチームに貢献できるよう、頑張りたいと思います。よろしくお願いします」

早川史哉選手
「こんにちは。28番の早川史哉です。自分のプレーの良さは、ひたむきにプレーするところと、状況判断だと思っています。3年前のルーキーだったころの気持ちを忘れず、チームの目標であるJ1昇格に向かって、少しでも機運を作っていける選手になりたいと思います。よろしくお願いします」

野澤洋輔選手
「11年ぶりにアルビレックス新潟に復帰することになりました、平成最後の野澤洋輔です。新シーズンに向けて、今はとにかく、わくわくしています。後ろから声を出して、グループ、そしてチームとして失点をゼロに近づけられるように努力してやっていきたいと思います。よろしくお願いします」

チョ ヨンチョル選手
「こんにちは。チョ ヨンチョルです。僕の特徴はスピードを生かしたプレーで、突破をして相手が崩れた後にパス、ゴールをすることも特徴です。このような形でまた契約をしていただき、(新潟には)良い思い出があるので、それをしっかり背負ってJ1昇格のために全力で頑張っていきたいと思います」

本間至恩選手
「こんにちは。新潟U-18から昇格した本間至恩です。チームとしての目標はJ1に昇格すること、個人の目標は観客を沸かせるプレーや、小さい子どもに夢を与えるプレーをしたいです。よろしくお願いします」

秋山裕紀選手
「こんにちは。前橋育英高校から来ました、背番号25番、秋山裕紀です。自分の特徴は、展開力とゴール前への侵入です。J1昇格のために頑張ります。よろしくお願いします」




J's GOAL人気コンテンツ!スタジアムナビで新潟のホームスタジアム「デンカビッグスワンスタジアム」の様々な情報をお伝えしています!皆さんの投稿機能もできたので、ぜひ投稿してくださいね!
デンカビッグスワンスタジアム(アルビレックス新潟)