【2019シーズン始動!】磐田:2019 新体制発表会見での出席者コメント(1) 

2019年1月12日(土)


1月12日(土)、ジュビロ磐田の新体制発表会見が行われました。会見での出席者のコメントは以下のとおりです。

早期予約購入特典あり!1/12からオーセンティックユニフォーム発売!
----------

●小野 勝代表取締役社長
「どうも、皆さん。あけましておめでとうございます。本日はジュビロ磐田の新体制発表記者会見にお集まり頂き、どうもありがとうございます。日頃からジュビロ磐田の広報活動にみなさん色んな形で多大なご理解、ご協力頂いていますことまずは感謝をさせていただくと同時に、今年1年間も去年と変わらず、色んな形でのサポート、ご協力よろしくお願い致します。
まずは、昨シーズンの内容に関してお伝えしていきますが、トップチームは、16位ということで非常に皆様にハラハラ、ドキドキさせた1年だったと思います。私も観客席から去年はずっと見ていましたけども、11月くらいからは非常にジェットコースターに乗っているような気持ちでチームの試合を見ておりました。広島戦で0-2だったのが、そこからの逆転で3−2になり、勝点も40に到達して、その後FC東京戦では引き分けて勝点も41まで積み上げて、最後の川崎F戦では、1点を先行した時点でもう大丈夫かなと思ったところで、最後思わぬプレーオフに突入してしまった。しかしそのプレーオフでは2−0で勝利を収めて、残留を決めたという形で、非常にドキドキ、ハラハラした1年でしたが、その最終プレーオフで勝利を得たことで我々としましては、色んな形でチーム全体が一丸となることで、一皮向けたと感じています。この経験は、逆にけが人が多く出たなかで、若手選手が起用されることであったり、それから厳しい環境でマインドコントロールしながら、一丸となっていくというところで、今年1年間の新しいシーズンに向けては非常に良い肥やしになったというふうに考えています。一方ユースの方ですが、U-18では、昨年プレミアリーグに残留して、今年1年戦うことになりますし、U-15の方は、東海リーグのところで優勝できて、数年かかって積み上げてきました若手の育成についても、ものになってきたなと思っています。これをしっかりとしていくことでチームに繋げていくという、ユースからの繋がりもできてきたと考えています。今シーズンを迎えるにあたり編成のポイントは、服部強化本部長、名波浩監督の方から詳しく伝えて頂きますが、先ほども申しましたように、選手一丸となってこういう動きができたことで、ある意味修羅場を乗り越えたメンバー。そのメンバーを中心に今年戦うと同時に、厚みを増すために今回新しいメンバーを追加してある意味去年の流れを我々が目指していたものをより一層強化する形でのチーム編成になったと考えています。最後に我々の方のスローガンですが、『繋ぐ Challenging! 2019』。この繋ぐという言葉は、これで5年目となります。このメッセージは、前任の木村社長、名波監督、服部強化本部長、この流れを私も繋いでいきます。ここは非常に重要なポイントで、今までやってきたことは決して間違っていないと思っていますし、その流れをしっかりと繋いで、私も受け継いで、これを繋いでいくのと同時にもちろんずっと言っていますが、チームの心と心、気持ちと気持ち、それからもちろんパス、前を向いてそれを繋いでいく。それと今後の我々と今まで以上にファンの皆様と、それから地域とそういうものを繋ぐことが我々チームの大きなメッセージです。
これはやはりどうしても気持ちを一つにしていくことに時間がかかります。これは社長を含めて、会社、チーム、それからスタッフみんなというところに浸透させていくために、頻繁に変えていくものではないと思っています。そういうのを我々の基本に置いた中で、これからのチーム編成の話、チーム運営、会社運営も含めて、この言葉を1つの我々のスローガンを続けていきながら、今年1年も戦っていきたいと思っています。今年1年、皆さんのこれからのご協力が非常に我々には大事となります。そういう意味ではこれからもジュビロ磐田に対する色んな形でのご支援をよろしくお願い致します。ありがとうございました」

●服部 年宏強化本部長
「皆さんこんにちは。今日はお忙しい中お集まり頂きありがとうございます。強化本部長の服部です。私の方からは、編成に関してお話しさせて頂きます。ただ今小野社長の方からほとんどのことを言って頂いたので、私の方からポイントのちょっとした整理になります。
昨年は、トップ5を目指してスタートしましたが、結果は16位ということで、最終的にはプレーオフに出場する形となってしまい、そこで勝ち何とか残留できたことという状況で、周りから見れば積極的な補強が必要じゃないかと思われた方も多かったと思いますが、我々の考え方は少し違いまして、我々は世間で言うところのビッククラブではありません。ですので、毎年他のクラブからレギュラー選手を2~3名獲得したり、高額の外国籍選手を獲ったりするのが難しいクラブです。ではどうやってクラブを強くするのかと考えた時に選手をしっかりと育てて、成長させて彼らをしっかりとチームの元にして戦っていくという考えがあります。ですので、今回2人しか補強しないということになっていますが、昨年得た経験ですね。先ほどプレーオフのお話もあったと思います。またけが人の話。けが人が出たことで若手選手が成長することもできました。その成長も含めてクラブとしては、今年の編成に計算として入れてあります。
今シーズン我々は、チャレンジャーとしてもう1度しっかりと謙虚に戦わなければいけないと思っています。『これくらいでいいや』とか、『まさかこんなことは起こらないだろう』とか、そのような甘い気持ちは一切持たずに選手全員やってくれると思います。我々ももう1度チーム一丸となって戦っていきたいと思っています。そして昨シーズンのこの会見では、まず勝点40を奪うと言いましたが、勝点40が全然安全ではないということが昨年わかりましたので、そういう細かい数字というよりも勝点1、得失点1の重さを知った我々は、とにかく1つ1つ丁寧に、謙虚に戦っていきたいと思っています。新戦力の2人に関しては、後ほど自分たちでいっぱい話してくれると思いますが、我々チームに少し足りないところ、それをプレーや精神的なところであったり、厚みであったり、そういうところのために彼らに来てもらいました。私の方からは以上となります」

●名波 浩監督
「皆さんこんにちは。お忙しいなか足を運んでいただき、誠にありがとうございます。昨シーズンの苦しい状況から一転して今シーズンどうチームを好転させるかというところにフォーカスしながら、チームを指揮しなければいけないという非常に強く身が引き締まる思いでいっぱいです。失うものはないシーズンとは言いませんけれども、昨シーズン16位という成績で、2017年シーズンであれば、自動降格ということで、私の4人いるうちのある一人の子供が『ゾンビ磐田だね』と。一度死んでも這い上がるゾンビだということを子供が言っていたので、それをそのまま活用させてもらいますが、そのゾンビなる我々がどう強者に向かって立ち向かっていくかというそういうシーズンになるのではないかと思っています。一つの引き分け、一つの負けがどれほどチームを苦しめるのかというのは重々分かっていたつもりですが、チームがバラけずに1つになっていたことが救いで、それ以上のものが上位進出のためには間違いなく必要だと。そこで服部強化本部長が言ったように、上積みをすることによって解決したいのと、多少足りないところを今ここにいる2人で補ってもらえればいいと思いますし、彼ら2人もただそういった補う役目だけで、ここに来ているわけではなく、彼ら自身もこのチームで成長して、より自分自身がステップアップしていくという野心もあると思うので、そういった気持ちの合致によってチームをまた1つにまとめ上げていきたいなと思っています。
たくさん語りたいことはあるんですが、今シーズンまた茨の道だと思いますが、皆さんの協力があってのチームだと思うので、メディアの皆さん、それからサポーターの皆さんと共にジュビロ党、名波党の支持率が下がったなかで、支持率回復に向けて全力を注ぎたいと思っております。以上です」

●森谷 賢太郎選手
「皆さんこんにちは。川崎フロンターレから移籍してきた森谷賢太郎です。まず伝統ある素晴らしいクラブに移籍することができて、本当に嬉しく思います。小野社長はじめ、服部さん、名波さんと本当に子供の頃からテレビで見ていた選手なので、その下でサッカーできるということを本当に楽しみにしています。
僕の小学校のサッカー友達の中では、中田英寿派か、名波浩派かというのがあって、僕は断然名波浩派だったので、本当に楽しみにしています。1つエピソードを話しますと、最終節川崎フロンターレと対戦して、ジュビロ磐田が負けてしまって、プレーオフを戦うことになりましたが、その時のアディショナルタイムに点を決められて、僕たちはもちろん嬉しかったですが、パッとジュビロ側を見た時にみんなが落ち込んでいるというか、ファン、サポーターの人たちも失望しているような感じが目に焼き付いていて、僕が移籍することになって、今年はもっと皆さんが喜んでいる姿を見せられるように頑張りたいと決意して、このチームを選びました。厳しいシーズンになるかと思いますけど、チーム一丸となって戦っていきたいと思いますので、よろしくお願い致します」

●中山 仁斗選手
「皆さん、はじめまして。モンテディオ山形から加入させてもらう中山仁斗です。本当にオファーをもらった時には、僕が小さい頃からテレビで見ていた歴史のある、伝統のあるクラブでプレーができるという喜びを本当に感じました。
僕は大学を卒業してからJ3のガイナーレ鳥取というクラブでプロサッカー選手としてスタートしましたが、昨日ジュビロ磐田のクラブハウスを見させてもらった時に、本当に素晴らしい環境で、こんなところで毎日練習できるんだと心の中で本当に嬉しく思いました。ただそれに満足せず、ピッチの上で自分を本当にどれだけ表現できるか、チームのために何ができるかというのを考えて、オフ・ザ・ピッチの時でもサッカーに全てを捧げてやっていきたいなと思っているので、とりあえず皆さんに名前と顔を早く覚えてもらえるように頑張りたいと思っています。よろしくお願い致します」

新体制発表会見での出席者コメント(2)はこちら!



J's GOAL人気コンテンツ!スタジアムナビで磐田のホームスタジアム「ヤマハスタジアム(磐田)」の様々な情報をお伝えしています!皆さんの投稿機能もできたので、ぜひ投稿してくださいね!
ヤマハスタジアム(磐田)(ジュビロ磐田)