【2019シーズン始動!】清水:2019シーズン 新体制発表会見での出席者コメント(1)

2019年1月12日(土)


1月11日(金)、清水エスパルスの2019新体制発表会見が行われました。コメントは以下のとおりです。

2019シーズンシート申し込み受付中!
----------

【新加入選手の紹介】

大榎克己ゼネラルマネージャー
「こんにちは。新年のお忙しい中、記者発表に多数ご出席いただきまして、誠にありがとうございます。今シーズンの新加入選手を紹介させていただきます。

まず最初は、エウシーニョ選手です。
彼は私のほうから話すまでもないと思いますが、日本に来て4年間川崎フロンターレでプレーしておりまして、Jリーグ120試合に出場して20得点を挙げ、川崎の2年連続優勝にも貢献していますし、Jリーグ・ベストイレブンにも2回選出されるという輝かしい成績を収めています。
うちとしては、右サイドバック、そしてもうひとつ前の右の中盤というポジションを考えています。エスパルスの伝統でもあるサイド攻撃、クロスからの得点というところでは、エウシーニョ選手に期待するところが非常に大きいと考えています。
また現代のサッカーではサイドバックのところにプレッシャーがかかるケースが非常に多いので、そこでしっかりボールを収めて攻撃の起点となれるプレイヤーだと期待しています。
エウシーニョ選手は、昨年他界しました久米GMが彼の獲得を熱望していまして、昨年の途中から獲得に向けて動いておりました。それが本当に実って、久米GMも満足されていると思います。
またヨンソン監督も、サイドバックの補強、それからアップダウンができて攻守にハードワークができる選手という要望もありましたので、その意味でも非常に頼もしい助っ人が入ったと思っています。

次は中村慶太選手です。
彼は流通経済大柏高、流通経済大出身で、大学の在学中にはフランスのACBBというチームに、監督からはメンタルを鍛えてこいと言われて10カ月ほど武者修行に行っていたそうです。卒業後は長崎で2年間プレーして、昨年の初対戦でうちは武蔵選手に点を取られて0-1で敗れましたが、そのときに20番をつけている中村選手が非常に良い選手だなという印象を私も持ちました。
彼には中盤の両サイド、あとはFWというポジションを期待しています。彼の特徴としては、ドリブルからシュート、決定力という部分では昨シーズンもリーグ戦で7点取って、カップ戦でも2点取っていて、うちは昨年56点取っていますが、また違うオプションが生まれるのではないかと期待しています。それから基本的にうちはポゼッションサッカーをやっていますが、相手にきちっと守られたときに、そこをドリブルではがすという部分においては、彼のように個で仕掛けられる選手が必要だと考えて獲得しました。彼にも非常に大きな期待を寄せています。

続きまして、西澤健太選手です。
彼はエスパルスジュニアユース、ユースの出身で、筑波大学を経て今季加入します。エスパルスとしては下部組織から大学を経由して加入というのは初のケースで、クラブとしても非常に大きな期待を寄せています。
同期には、今代表で戦っています北川航也、水谷拓磨、岐阜にレンタルに行っています宮本航汰がいます。私も当時ユースの監督をしてまして、西澤健太を昇格させるかどうか非常に迷った記憶があります。そのとき3人が昇格した中で、彼は悔しい思いをしたと思いますが、4年間筑波大で経験を積み、大学選抜等の代表に選ばれ、多くのことを学んできたと思います。そこで一回り大きくなった人間性という部分で、今年は即戦力として期待しています。
ポジション的には両サイドハーフで、彼の特徴であるキックの精度、サイドから正確なクロスを上げられる。左サイドに行った場合には、中にカットインして右足でシュートも打てる。それからうちの課題でもありますリスタートのキッカーとしても期待しています。
そして何よりも彼がエスパルスに帰りたい、エスパルスのユニフォームを着たいというエスパルス愛を持った選手であるということ。そこが本当に頼もしいと感じていますので、今年の即戦力として期待を寄せています。

次は、梅田透吾選手です。
彼はうちのジュニアユース、ユースを経て、今年トップに昇格することが決まりました。U-17、18の代表も経験しましたし、ワールドカップ等の世界大会に代表として出場した経験もあります。昨年はトップの練習にも何度か参加しておりまして、羽田GKコーチやペイトンコーチにGKとしての能力が高い選手だと期待されています。
私が見るかぎりの特徴として、非常に手が長いという特徴があると思います。ユースの試合を見ていても、サイドからのハイボール、クロスに対して非常に安定感のあるキャッチができる。それからGKとしての資質とも言えると思いますが、落ち着いた性格で、状況をしっかりと判断してプレーができるというのは、GKとして非常に必要な要素を兼ね備えた選手だと思います。
GKというのはひとつしかないポジションで、今年うちは4人のGKが在籍することになりますが、昔川口能活選手はマリノスで1年目から試合に出ていましたし、自分は4番目だと思わず、自分は同じ土俵にいるんだという意識を持って、レギュラーポジションを目指して頑張ってほしいと思っています。

以上です。よろしくお願いします」


エウシーニョ選手
「ミナサン コンニチワ(日本語で)。川崎から来ましたエウシーニョです。
清水に来ることができて本当にうれしいですし、感謝の言葉を述べたいと思います。ここにいる皆さんに感謝したいですし、昨年亡くなられた久米さんにも感謝したいと思います。
今年は目標を達成できるようにみんなで頑張っていきたいと思うので、応援よろしくお願いします」

中村慶太選手
「こんにちは。V・ファーレン長崎から来ました中村慶太です。
今年は覚悟を持って移籍を決断したので、清水エスパルスのために全力を尽くしてプレーしたいと思います。今年の目標は二ケタ得点を取ることと、エスパルスでタイトルを獲ることです。よろしくお願いします」

西澤健太選手
「こんにちは。筑波大学から来ました西澤健太です。
大学での4年間を経て、このクラブに戻ってこられたことを大変うれしく思います。まずは開幕スタメンを目指して日頃からアピールしていきたいと思います。よろしくお願いします」

梅田透吾選手
「こんにちは。ユースから上がってきた梅田透吾です。
今日このエスパルスでスタートできることを大変うれしく思っています。1日でも早く試合に出られるように、エスパルスの勝利のために、全力を尽くしていきたいと思います。よろしくお願いします


新体制発表会見での出席者コメント(2)はこちら!



J's GOAL人気コンテンツ!スタジアムナビで清水のホームスタジアム「IAIスタジアム日本平」の様々な情報をお伝えしています!皆さんの投稿機能もできたので、ぜひ投稿してくださいね!
IAIスタジアム日本平(清水エスパルス)

スタジアムナビ

移籍情報