【2019シーズン始動!】琉球:2019新加入選手記者会見での出席者コメント(2)

2019年1月10日(木)


1月9日(水)、琉球の2019新加入選手記者会見が行われました。コメントは以下のとおりです。

2019年のシーズンパスのお申し込みはこちらから!
----------

2019新加入選手記者会見での出席者コメント(1)はこちら!

【新加入選手コメント】

カルバハル選手
「(日本語で)コンニチハ。今日ここに立てることをとても嬉しく思います。背番号1のダニー カルバハルです。今日、飛行機でコスタリカから来ました。チームが上手くいくように今年はいろいろな経験をし、仲間たちと良い関係を作れるように頑張っていきたいと思います。ここに立たせてくれた方々に感謝しています。(日本語で)アリガトウゴザイマス」

石井綾選手
「GKの石井綾です。J2加入初年度のこのチームのメンバーの一員になれたことを大変光栄に思います。攻撃力のある琉球のサッカーをしっかりと後ろから支えていけるよう頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします」

岡﨑亮平選手
「湘南から来ました岡﨑亮平です。琉球のために全力でがんばります。よろしくお願いします」

新井純平選手
「横浜FCから加入しました新井純平です。FC琉球という素晴らしいチームでプレーできることをとても嬉しく思っています。僕自身、チームのためにプレーで表現することがすべてと思うので、このチームに来れた感謝をプレーで表現できるようにピッチ内外で示せるように頑張っていきます。よろしくお願いします」

西河翔吾選手
「はじめまして。西河翔吾と言います。チームが掲げた目標に向かって、それを達成するために精一杯がんばりますのでよろしくお願いします」

内藤健太選手
「中央大学から加入しました内藤健太です。一日でも早くチームの勝利に貢献できるようにがんばります。応援よろしくお願いします」

福井諒司選手
「福井諒司です。またサッカーをやらせていただく機会を与えてもらったことに感謝しています。今年はその感謝を恩返しという形で変えられるよう頑張るのでよろしくお願いします」

花房稔選手
「国士舘大学から来ました花房稔です。残留することはもちろん、優勝することが絶対的に大切だと思うので、一日一日を真剣に練習から取り組んで、一日でも早く試合に出れるようにがんばります。応援よろしくお願いします」

風間宏希選手
「風間宏希です。チームの勝利のために自分の持っている力をすべて出したいと思います。よろしくお願いします」


田中恵太選手
「田中恵太です。またFC琉球でサッカーができることを非常に嬉しく思います。去年優勝してJ2に上げてくれた仲間の分も頑張りたいと思います。よろしくお願いします」。

河合秀人選手
「長野パルセイロから加入しました河合秀人です。J2初年度というこの年にFC琉球の一員として戦えることを光栄に思います。自分の持っている力を最大限に発揮してがんばりますので応援よろしくお願いします」。

越智亮介選手
「越智亮介です。チームの勝利に貢献できるよう頑張るのでよろしくお願いします」
 

上里一将選手
「ロアッソ熊本から来ました上里です。沖縄出身ということもあり、誇りと責任感を持って全力で琉球のためにプレーしたいと思います。よろしくお願いします」

小泉佳穂選手
「小泉佳穂と申します。一日でも早くピッチに立ってチームの勝利に貢献できるように頑張っていきたいと思います。応援よろしくお願いします」


鈴木孝司選手
「FWの背番号9番、鈴木孝司です。まずこのクラブに来られたことをすごく嬉しく思います。チームの勝利のためにたくさんゴールを決められるよう一日一日を大切にやっていきたいと思います。よろしくお願いします」

上原慎也選手(※欠席のため、廣崎強化部統括から代読コメント)
「今回、指導者ライセンスB級取得のため会見に出席できなくてすみません。沖縄県の子どもたちのためにしっかり勉強していきたいと思います。チーム合流後はフィジカルの向上や戦術理解、選手の特徴をいち早く理解し勝利に貢献できるようにがんばります」

儀保幸英選手
「沖縄国際大学から加入することになりました儀保幸英です。FC琉球のため、そして沖縄県を盛り上げるために頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします」 

【質疑応答】

Q.樋口監督にお聞きします。実際に選手たちの顔ぶれを見て、今年のチームのイメージはつきましたか?

樋口靖洋監督
「チームが編成している途中から監督になったというところもありますが、今日揃ったメンバーを見ると、J2で戦っていく上で必要な要素の部分をしっかりと持ち合わせた選手が集まってくれたと思っています。琉球のこれまでのサッカーを継続していくための要素として必要なボールをしっかりと扱える選手、そしてボールをつなげる選手、そしてそれを決めきる選手、これはディフェンスの選手も含めてそういう選考をしてもらってます。それとJ2は強度の高いサッカーになります。いわゆるぶつかり合いであるとか、スピードの問題、そういった強度の部分はJ2を経験した選手じゃないとなかなか難しい部分がある。そういう意味で経験値のある選手が集まっており、そういう経験を伝えてもらうことによってより琉球のサッカーを発展させることができる、そういうメンバーが集まったと思っています。期待しています」

Q.具体的に順位といった明確な目標は持ってますでしょうか?

樋口靖洋監督
「これはクラブとも相談していますが、過去5年間のJ2の自動昇格ラインとかプレーオフ進出のライン、あるいは中間順位は勝点いくつぐらい取っているのか、降格ラインはどうなのか、そういったことを自分なりに調べてみました。それから割り出した数字ですが、勝点は65欲しいなと。得点は63点、失点は50点以内に抑えたいなと思います。そうすることによってシーズンを通して常に10位以内をキープしながら最終的にはプレーオフに進出する、そういうラインにまで持っていければ我々の一年目のJ2へのチャレンジとしてのひとつのラインかなと思っています。まずはそこを具体的な数字として目標にやりたい。そのためには42試合を6試合ごと7つのクールに分けて、常にその6試合で勝ち点9から10を目指してやっていくという短期的な目標を持ちながら、シーズンの目標を達成できるようチーム一丸となってやっていきたいと思っています」 

Q.開幕までの期間はどのような目標を持ち、試す場として生かしていきたいと考えていますか?

樋口靖洋監督
「ここに多くの新加入選手が並んでいる通り、チームの半分以上の選手が変わっています。昨年核となった選手たちは昨シーズンを引き継いで戦いますが、その選手たちだけで当然戦えるわけでありません。ここにいる新戦力がどれだけチームに融合できてやれるかということが大事だと思います。それと、私自身も初めてFC琉球を直接率いるわけですから、自分なりのコンセプトをしっかりと落とし込むことがプレシーズンの中で大事なことになると思います。それにプラスして、選手たちの特徴をどれだけ自分が掴めるか。これは練習試合を通して、特にJ1のチームと何試合かすでに決まってますが、その中で何ができるのか。そしてJ2の同じカテゴリーのチームとの練習試合で何ができるかというところをしっかりと見極めるプレシーズンにし、開幕から非常に良い状態を作れるようにしたいと思っています」



J's GOAL人気コンテンツ!スタジアムナビで琉球のホームスタジアム「タピック県総ひやごんスタジアム」の様々な情報をお伝えしています!皆さんの投稿機能もできたので、ぜひ投稿してくださいね!
タピック県総ひやごんスタジアム(FC琉球)

移籍情報