【2019シーズン始動!】愛媛:2019シーズン 新体制発表会での出席者コメント

2019年1月7日(月)

1月7日(月)、愛媛の2019シーズン 新体制発表会が行われました。コメントは以下のとおりです。
2019シーズンファンクラブのお申し込みはこちらから!
----------

村上忠代表取締役
「新体制発表にあたり、ひと言ごあいさつ申し上げます。川井監督以下、今季の新体制が決まりました。従来からのメンバー、新加入のメンバーが入り乱れておりますが、このチームのメンバー全員が共有しているのは、一歩でも前に進みたい思い、誰よりも前に進みたい思い。そのためには、他のチームのどこにも類を見ない自主性が必要になると思います。人には誰とも違う個性を発揮するパワーや気力が求められるでしょう。新旧メンバーは活躍することを夢見てこの愛媛にやってきたはずです。愛媛FCは今年もJ2という場を得ました。存分に活躍してもらいたいと思います。愛媛の皆様には、そんな監督や選手に対して惜しみない応援をしていただければ幸いと思います。何卒よろしくお願いいたします」


川井健太監督
「今年も皆さんよろしくお願いします。今シーズンも監督をさせてもらえることを本当に嬉しく思います。同時に責任が伴いますし、その責任というものは一般的には順位や結果。そして我々にとっては観客数を少しでも多くしなければいけないと思っています。今シーズン、選手たちとともに戦うことはもちろんですけど、愛媛県の皆さんと共に、ファン、サポーターの皆さんと共に一丸となって2019年シーズンを戦っていければなと思います。後ろに今シーズンの新加入選手がいますけど、彼らは本当に力になってくれると思います。そういう意味では、皆さんに大きな期待をしてもらって、我々はその期待を受け止めて結果、内容として、またその他の様々なものとして皆さんに満足できるようなものを返せれば良いなと思います。今シーズンもよろしくお願いします」

【今シーズンのスローガンの発表】


川井健太監督
「今シーズンのスローガンは「全進(ぜんしん)」です。これは私から提案させていただきました。前に進むこと。これを全員で進んでいくことです。全員というのは我々クラブ、愛媛県民、ファン、サポーター、スポンサーの皆さん。その全員で進んでいくこと。進むということに関しては、常に進化していくということ。そういう意味を込めてこの2文字を反映させていただき、これをスローガンとして臨んでいきたいなと思います」


【新加入選手紹介】


長沼洋一選手
「皆さんこんにちは。背番号8番の長沼洋一です。ポジションはMFをやっています。僕のプレーの特徴は走って戦ってチームの勝利に貢献するところです。今季の目標はとにかく試合に出るということ。チームの勝利に貢献できるように頑張りたいと思っています。また、選手として、一人の社会人としてこの愛媛で成長できるように頑張りたいと思っています。よろしくお願いします」

岩井柊弥選手
「皆さんこんにちは。背番号13番の岩井柊弥です。MFをしています。プレーの特徴はドリブルで前に運ぶ推進力だったり、守備での球際の強さ。そういうところを見て欲しいです。今シーズンは試合に出て、結果を求めていくのでよろしくお願いします」

渡邊創太選手
「皆さんこんにちは。背番号26番、渡邊創太です。ディフェンスをやっています。プレーの特徴はヘディングだったり、守備のところで相手のチャンスの芽を摘むことが得意です。今季は少しでも多く試合に出て、厳しい環境で揉まれながら成長していければと思っています。よろしくお願いします」

中川裕仁選手
「皆さんこんにちは。背番号27番の中川裕仁です。ポジションはFWです。自分の特徴はゴール前で勝負強いところと左足のシュートです。今季の目標は自分が試合に出て、点を決めて、チームの勝利に貢献することです。よろしくお願いします」

清川流石選手
「こんにちは。本日は足を運んでいただきありがとうございます。今シーズンから愛媛FCに加入することになります、背番号28番、清川流石です。1日でも早くピッチに立ち、自分のプレーの特徴でもスピードや、大学で学んだ主体性という部分も存分に発揮し、チームの勝利に貢献できるように頑張りますのでよろしくお願いします」

川村拓夢選手
「皆さんこんにちは。背番号29番の川村拓夢です。ポジションはMFです。自分の持ち味は左足の長短のキックだと思っています。今季の目標は開幕戦から試合に出て愛媛の勝利に貢献できるように頑張ります。応援よろしくお願いします」

下川陽太選手
「皆さんこんにちは。背番号39のDF、下川陽太です。自分のプレーの特徴は90分間落ちずにハードワークができることと、右足、左足の両方蹴れるということ、縦への推進力かなと思っています。あとは試合で見ていただければプレーの特徴は皆さんにもわかっていただけると思います。自分はこの愛媛の勝利にひとつでも貢献するために今年一年を捧げるつもりで頑張りますので、よろしくお願いします」

【質疑応答】



川井健太監督
「昨季の主力が残ってくれたこと。これにはクラブに感謝したいと思います。児玉強化部長、村上社長をはじめ、皆さんに力になっていただき、それで昨季を戦った選手が今季もこのチームで戦おうと思ってくれたと思います。昨季のベースのところを今季もそのままやるかと言えば、それは『NO』です。もちろん変えなければいけないことと変えなくても良いところがありますが、変えなくても良い部分ももっと良くするということ。また、昨季足りなかったところを後ろにいる(新加入)選手だったり、もちろん今までいる選手みんなで、時間はかかるかもしれないけど、ひとつひとつやっていきたいと思います。昨季言っていたことと似ているかもしれませんけど、変えるべきところと変えないところをしっかりと把握すること。今季、変えなくても良いところは根本からは変えなくても良いですけど、それをより太く、強くして表現していきたいと思っています」

Q:昨季とくらべ、今季はどういった戦略でどんな結果を求めていきたいか?

川井健太監督
「戦略としては、常にJ1を意識してやりたいと思います。J1を意識してやるには、まずはJ2に残留しなければいけない。ひと桁順位を残さなければいけないし、上を向いていかなければいけない。自動昇格が一番理想的な順番ですけど、それらは一本の道。我々は勝点をどの段階でどれくらい取れるかによってどこまでJ1を意識して戦えるかが決まってくる。その戦略としてはチーム全体で誰が試合に出てもベースとなるようなゲームができるようにすることが僕の仕事だと思っています。それはシーズンオフからシーズンが始まるまでにしっかり積み上げていきたいと思っています。あとは選手個人個人が競争してくれると思うし、そこでまたプラスαのいろいろなものができてくると思う。そこはシーズン中にこちらも見定めてやっていきたいと思います」

Q:愛媛出身者が増えたが、それは地元密着を意識してのものか?

村上忠代表取締役
「私たち愛媛FCは育成ということを目標に16年間やってきたのだと思います。その中には選手を育成するということももちろんありますけど、指導者も育成する。その第1番目として今、川井監督が生まれた。そして、それを支えるコーチ陣もいて、そこには愛媛FCに関わった人たちがたくさんいる。16年という月日を経て我々はスタートラインに立てたと考えています。愛媛という地域を背中に背負って戦う。これは私が社長として臨む最大のことです。そこに立てたことを嬉しく思いますし、期待するところが大きいです」

Q:観客数に関して、昨季は各ホームゲームで何か催し物をするということだったが、今季は何か試みるのか?

村上忠代表取締役
「昨季は観客動員で非常に苦しみました。スタッフは懸命の努力をして、いろいろなイベントを重ねてきて、それでもなかなか人は集まらず、悩み苦しんでいたところを間近で見てまいりました。今季はそれにプラスして何を観客に対してアプローチしていけば良いのか。それをスタッフと共にあらためて考え直しながら臨んでまいりたいと思っています。自分も何を提案しようかと考えておりました。この16年という月日、JFLからJ2に上がるまでの月日、それら長い月日の中で、我々にはものすごく多くのファミリーがたくさんいるんじゃないのかなと、という気持ちでいます。愛媛のアカデミーを卒業して各地に行った人たち。サッカースクールを経て育った人たち。あるいはずっと応援してくれていた人たち。そういったファミリーに対して呼びかけを果たしてできていたかな、ということは昨季から問い詰めていました。(前身の)松山サッカークラブからいうと50年近い歴史でこのサッカー界に関わってきたと思います。そういった人たちにもアプローチしながら、集客という言葉ではなく、楽しんでもらえるサッカーを提供してまいりたいと思っています。限りない努力を続けてまいりたいと思っております」 

Q:今季のチーム編成上でのポイントは? 

児玉雄一強化部長
「今季の編成のポイントですが、まずひとつは昨季のベースである主力選手を継続してクラブに残すこと。まずこれが一点。たくさんの選手が残ってくれたことには、それぞれの選手に感謝しています。その要因としましては昨季、監督の指導に対して選手たちが共感して、今季も一緒に戦いたいと思ってもらったと思います。監督、スタッフを含め、選手には感謝したいと思います。もうひとつは、このJ2リーグは1年ですら同じメンバーで戦えないような状況が起きてくる移籍の流れがあります。その中で自分たちのスタイルを積み上げてきた選手が途中でいなくなるということに対しての変化に対応できるようなことも考えながら、若い選手だったり、複数のポジションがプレーできる選手だったり、なるべく自分たちのやっているものを継続するため、そういう事態になっても対応できるように考えながら編成をおこないました。本当に楽しみな選手が7名加入してくれましたし、他のクラブから声がかかったとしても愛媛でプレーすると言ってくれた選手もいます。今年一年、愛媛で戦うことを決めてくれた選手に感謝しています」

Q:かつて愛媛でもプレーし、今季からコーチとして加わる田森大己コーチに期待することは?

川井健太監督
「田森コーチとは僕は一緒にプレーはしていないので、今季、監督とコーチとして関わるのが初めてになります。彼に期待していることは、彼は昨季まで岐阜で現役でプレーしていて、非常にクレバーな選手であります。愛媛にも在籍していたということで、愛媛のこともよくわかっています。そして、近年はセンターバックでプレーすることも多かったということもありますし、どちらかというと僕は攻撃のところを見る習慣があるので、後ろの方をマネージメントできるようなコーチを置きたいと思っていたので、そういう意味でも非常に適任のコーチが見つかったと思っています」

Q:新加入全員が25歳以下の選手で、アカデミー出身者が3選手。どのようなチーム編成のチームを目指していきたいか?

児玉雄一強化部長
「加入選手全員が25歳以下ということを特に意識したわけではなかったんですけど、やはりこのクラブは完成された選手ではなく、これからの可能性を多く秘めた選手が育っていく土壌であると思います。今回、18歳で加入した3名もそうですし、U-18から2名昇格したこと。清川選手もアカデミー出身であること。やはり、この愛媛に思いを持って、クラブのためにプレーできる選手やこの土地に強い思いを持った選手が多くなることはクラブにとって確固たる一丸になれる要素でもあると思います。アカデミーに関しては今回、聖カタリナ高校であったり、伊予銀行さんの寮出身の子であったり、アカデミーに対して支援してくれる方がいたからこそ、来季からプロになれる選手が出てきたことには本当に感謝していますし、これからも出てくると思います。3年後、5年後、愛媛県出身の選手が活躍することが多くなればなるほど注目されると思いますし、クラブとしても発展していけると思っています。今後もアカデミーからより良い選手がトップチームに昇格して、活躍できるように、トップチームとアカデミーが連動しながらやっていければと思っています」

Q:昨季は1試合平均5,000人という観客数を目標としていたが、今季はどのように考えているのか?

村上忠代表取締役
「(1試合平均5,000人という目標を)維持します。5,000人を今季も目指していきたいと思っています。昨季は約1,000人減し、約4,000人から約3,000人になっていますので、それでも良いのかと言われるかもしれませんが、私たちは目標を高いところに置き、難しいかもしれませんが、そこは5,000人を目指し、そのためのイベントをやっていかなくてはいけません。チームもそれを目指して魅力あるプレーをするという、話題作りも含めて提案をしていきたい。5,000人を目標にやっていきたいと思います」

Q:現時点でこういうチームにしたい、こういう戦い方をしたい、という考えはあるか?

川井健太監督
「現時点でこういうチームにしたいかという考えはあります。それはどういうチームかというと勝てるチーム。かつ勝ち方をお客さんが喜んでくれるようなチームを目指したいです。明日からチームは始動するんですけど、この目で選手を見て、判断をしなければいけない部分もあると思います。もちろん大事なのは先ほど言った結果と内容だと思います。ただ、それをどういうスタイルで、どういうやり方にするかは、選手たちと共に一日一日過ごしながら決めていくものだと思っています。皆さんはもう少し具体的に教えてくださいと思っているかと思います。システムは使い分けていきたいと思います。システムありきではなく、選手ありきで、我々の選手のストロングを引き出すにはこっちのシステムが良い、噛み合わせなどでどちらのほうが良いか、僕らが主体性を持ってやりたいので、相手に合わせるというよりは、こちらが主導権を持てるように使い分けていきたいと思います」 

Q:今後、どのようにアカデミーと連携してやっていきたいか?

川井健太監督
「幸いにもU-18がプレミアリーグに昇格しました。プレミアリーグは高校年代のトップリーグで、僕自身も昨季の途中までもU-18の監督をやらせてもらっていましたので、昇格を嬉しく思っています。今季新加入の中にもアカデミー出身の選手が3人いますけど、今後もトップチームと連携していくつもりですが、連携をするからといって甘やかそうとは思っていません。アカデミー出身者だからトップチームに昇格させるというのではなく、実力があれば上げる。実力がなければ上げれない。その基準をしっかり持ってやっていきたいと思います。やはり愛媛出身者や愛媛で育った選手は、おそらくファン、サポーターの皆さんが愛着は湧くと思いますので、そういう選手が増えれば良いなと思います。僕もアカデミー出身者ですが、そこで甘やかすことはありませんが、児玉強化部長やアカデミーのスカウトと連携を取りながらやっていければと思います。良い選手なら高校生でも使いたいですし、年齢は関係ないと思っています」



J's GOAL人気コンテンツ!スタジアムナビで愛媛のホームスタジアム「ニンジニアスタジアム」の様々な情報をお伝えしています!皆さんの投稿機能もできたので、ぜひ投稿してくださいね!
ニンジニアスタジアム(愛媛FC)