【相模原 vs 藤枝】 ウォーミングアップコラム:石﨑信弘監督との再会を楽しみにする谷澤達也。「まだ頑張っている姿を見せたい(笑)」

2018年11月10日(土)


今節の相手・藤枝との前回対戦は6月に行われた第12節だった。開始早々の4分にオウンゴールで先制するも後半に16年に相模原でプレーした岩渕良太に2ゴールを決められ逆転負け。苦い記憶が残っている。しかし、そこから藤枝は監督が交代。石﨑信弘監督がチームを率いることとなった。

そこで柏時代に石﨑監督の指導を受けている谷澤達也(写真)に話を聞くと「(石﨑監督のサッカーは)本当にアグレッシブ。前から常にボールを奪いにいくオールプレスというのが昔の印象でありますね」と懐かしそうに語ってくれた。そしてそれは現在の藤枝のサッカーにも現れているようで「イシさん(石﨑監督)は昔から前から来るし、前のシャドー2枚はすごく流動性があって、その2枚の運動量や抜け出しには注意しないといけない部分」と警戒を寄せ、「どこかでプレスに来た時にはがせれば、次が空いてくると思うので最初のプレスをかいくぐれるかが大事になってくると思う」とこの試合のポイントを挙げた。

今季の相模原は順位表の真ん中辺りを彷徨うことが多く、現在も勝点35で11位に位置。残り4試合の結果次第では中位争いや1ケタ順位が見えてくる一方で下位とも大きな勝点差はなく昨季同様に2ケタ順位でシーズンを終えてしまう可能性も残されている状況だ。

ただ、シーズン終盤に掛けてチームがようやく形になり始めていることも事実。「もうシーズン終盤だけど、本当にちょっとずつここに来てチームとしての形が見えてきている。いまは勝つことによってそこは自信になると思うし、これから先にもつながってくると思う。今年は負け試合が多かったのでサポーターのためにも勝たないといけないと思う。チームとしてまとまりのあるゲームが出来たら良い」(谷澤)。現在、ホームでは3連勝中と好調であり、その波に乗りたいところ。

「イシさんとの対戦はJ2のときに対戦したのが最後かな。(今回は)すごく久しぶりなので、ちょっと楽しみではある(笑)。まだ頑張っている姿を見せたい(笑)」と話す相模原の背番号8が先頭に立ち、藤枝を迎え撃つ。

文:須賀大輔(相模原担当)


明治安田生命J3リーグ 第31節
11月11日(日)13:00KO ギオンス
SC相模原 vs 藤枝MYFC
相模原ギオンスタジアム(SC相模原)
みんなの総合評価 (4.4)
臨場感 (3.8)
アクセス (3.4)
イベント充実 (4.3)
グルメ (4.6)
アウェイお楽しみ (4.0)

移籍情報