【G大23 vs 富山】 ウォーミングアップコラム:J1リーグでのプレー経験をもとに、髙江麗央は意識高くJ3リーグのピッチに立つ。

2018年11月3日(土)


プロ2年目の今季は、待望のJ1リーグデビューを果たした。4月18日のルヴァンカップグループステージ4節の浦和レッズ戦でトップチームデビューを飾った直後のことだ。
しかも相手はセレッソ大阪。ホームの地に35000人強の観客が見守る『大阪ダービー』で、1-0の完封勝利に貢献した後、充実の表情で語っていたのが思い出される。
「U-23でも大阪ダービーは経験していましたが、観客の皆さんの数も全然多かったし、1つ1つのプレーで湧いたり、悲鳴になったりと盛り上がりもすごくて。でも、そういうことも含めて、今日は全てにおいて楽しんでプレーできました。去年からガンバU-23でツネさん(宮本恒靖監督)、智さん(山口智コーチ)、松代さん(松代直樹GKコーチ)ら、スタッフの皆さんにいろんなことを教わって…。もともと守備が全然できなかったので個人的に鍛えてもらったり、いろんなポジションを経験させてもらいながらやってきたことが今日につながった。まだまだ課題はありますが、ようやくJ1でデビューできた。これを続けられるように、今さん(今野泰幸)がケガから戻ってきても、必要とされるようにもっと自分を磨いてやっていきたいです」

その言葉通り、以降もほとんどの時間をトップチームで過ごしながら自身を磨いてきた。だが、同じ『ボランチ』を争うMF今野泰幸が戦列に復帰してからは出場機会が減少。最近はベンチにすら座れない日々が続いている。それもあって、トップチームのスケジュール的に可能な時は、U-23の一員としてJ3リーグに出場することも。だが、本人はその状況をポジティブに捉えてレベルアップを目指している。
「普段はトップでプレーしている以上、U-23では人任せにせずに自分が中心でやる、くらいじゃないといけないとも思う。というか、ここで抜群に目立つくらいアピールできないと、トップでは使ってもらえないと思うので。選手同士がいい距離感を保って、どんどん前線にボールをつけていくことは、トップでもU-23でも僕に求められていることだと思えば、ここでしっかり結果を示すことはアピールにもなるはず。公式戦を戦えることをプラスに捉えて自分を磨きたい」

前回、J3リーグに出場したのは2試合前のアスルクラロ沼津戦。その際も、普段からトップチームでプレーしているからか、いい意味で余裕を持ってプレーしていたが、本人曰く「J3リーグの戦いに自分を合わせてしまっていては、成長はない。自分なりにより意識を高く持ってプレーしないと」と髙江。その積み重ねが、J1リーグでの活躍につながると信じて。

文:高村美砂(G大23担当)


明治安田生命J3リーグ 第30節
11月4日(日)14:00KO 吹田S
ガンバ大阪U−23 vs カターレ富山
パナソニック スタジアム 吹田(ガンバ大阪U−23)
みんなの総合評価 (3.5)
臨場感 (-)
アクセス (-)
イベント充実 (-)
グルメ (-)
アウェイお楽しみ (-)

スタジアムナビ