【沼津 vs G大23】 ウォーミングアップコラム:新たな攻撃スタイルを見せた前節。そのキーマンは、砂森和也、熱川徳政の両サイドバック。

2018年10月20日(土)


J3も残り7試合といよいよ終盤に突入した。今シーズン、J3優勝を目標に掲げて常に上位をキープしてきた沼津だが、その目標に向けて勝点が落とせない状況が続く。特に前々節、首位の琉球との直接対決に敗れて、前節は、勝点で並ぶ群馬と引き分けと思うように勝点が上積みできず、琉球との差も暫定で「12」と広がった。

しかし引き分けに終わった前節は、沼津の新たな攻撃スタイルの一面も見えた。先制点は、左サイドバックの砂森和也(写真左)がドリブルでカットインすると、そのタイミングに合わせて逆サイドの右サイドバックの熱川徳政(写真右)がタイミングよくボックス内に飛び込む。その動きに合わせたピンポイントのクロスを砂森が供給すると、そのクロスを熱川が頭で合わせた。また2得点目も同様に、左サイドからのクロスに対して、右サイドバックの熱川がDFの死角から飛び込んで2点目が生まれた。この試合で2ゴールの活躍を見せた熱川は、「普段から逆サイドのクロスというのは狙っている形でもある」と2得点を振り返ったように、狙い通りの形だったことを明かした。ただ「今回はたまたま良い形になった。これからも継続していきたい」とまだまだ偶発的な要素が多いことも事実だ。

その点については、先制点をアシストした砂森も言及している。「今までに無かったような得点シーンが多くなったと思う。それが偶然ではなく、必然としてチーム全員で意識していきたい。残り試合でよりその部分を出していければいいと思う」。あくまで群馬戦の2得点は、新たな可能性を感じさせる攻撃スタイルの1つに過ぎないが、このような攻撃スタイルを確立して偶然ではなく、必然に近づけていることがさらに得点力を高めていく上でのポイントになる。沼津の攻撃スタイルは、サイドバックが起点になることが多いだけに、両サイドバックを務める砂森、熱川の2人がさらに沼津の攻撃を促進していくためのキーマンになるだろう。

文:森亮太(沼津担当)


明治安田生命J3リーグ 第28節
10月21日(日)13:00KO 愛鷹
アスルクラロ沼津 vs ガンバ大阪U−23
愛鷹広域公園多目的競技場(アスルクラロ沼津)
みんなの総合評価 (3.1)
臨場感 (3.1)
アクセス (3.2)
イベント充実 (3.2)
グルメ (3.4)
アウェイお楽しみ (3.2)

スタジアムナビ