【徳島 vs 甲府】 ウォーミングアップコラム:佐藤晃大のパンチ力

2018年10月14日(日)


前々節・金沢戦(0●3)、前節・京都戦(0●1)。様々な苦労を乗り越えて浮上の兆しを掴んだだけに、この時期の2連敗は痛い。だからこそ、今節・甲府戦で勝点3をもぎ取り、次節に控える上位直接対決の東京V戦をいまできる最高の状態で迎えたい。

求められるのは、一発大逆転劇のスーパープレーでもなく、特別な個人技でもない。何よりも組織的なチームプレー。ここ数節は先制された焦りからか、個人でのプレーが目立った。京都戦では「試合後のロッカーで受け手は出し手の問題、出し手は受け手の問題と言い。でも、どちらが悪いという問題ではない」(岩尾憲)と矢印は個人に向いた。だが、「勝たなければいけない状況であることは全員が共有できる状況なので、まずは意志統一して人に文句を言っている場合ではないことを理解し合えるようにしたい」(岩尾)と中2日と限られた時間だが、全員がチームに目を向けられるように行動する。

そういった状況だからこそ注目したいのが佐藤晃大(写真)。バラルが累積警告により出場停止。過去の傾向から言えば、ピーター ウタカと前川大河や杉本太郎の組み合わせが順当かもしれない。だが、黒子役として最前線でチームプレーに徹することができる佐藤にしかできないことがある。「出場機会を得られれば、自分の持ち味を出してアグレッシブにやるだけ。いまのチームに足りていないこともあると思うので自分の良さを出したい」(佐藤)。

そして、黒子役としてだけではなく、大輪の花を咲かせてもらいたい。それは、言うまでもなく得点。献身的に働いた選手が、自ら得点を取って輝く。言葉で説明するより何より、インパクトのあるメッセージになるはずだ。

出場機会を掴み、結果も出す。パンチに期待する。

文:柏原敏(徳島担当)


明治安田生命J2リーグ 第35節
10月16日(火)19:00KO 鳴門大塚
徳島ヴォルティス vs ヴァンフォーレ甲府
鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム(徳島ヴォルティス)
みんなの総合評価 (4.3)
臨場感 (3.5)
アクセス (3.0)
イベント充実 (3.7)
グルメ (3.9)
アウェイお楽しみ (3.8)

スタジアムナビ