【鹿島 vs 横浜FM】 ウォーミングアップコラム:セットプレーでバチンとゴール!町田浩樹が担う期待 

2018年10月9日(火)


準々決勝の川崎フロンターレ戦に続き出番が来た。代表選手が招集されるルヴァンカップではポジションが与えられ、活躍を期待されるのが町田浩樹(写真)である。

今季はルヴァンカップだけでなく、リーグ戦でも出場機会が与えられてきた。3年目のシーズンはこれまでにないほど忙しく、充実する。

「これだけ試合に出て、タイトルを争うシーズンは初めてのこと。あまり先のことは考えずに目の前の試合に集中しています」

鹿島はいまリーグ戦以外に、ルヴァンカップ、天皇杯、AFCチャンピオンズリーグという3つのトーナメント戦を戦っている。勝てば勝つほど試合数は膨れ上がり、このルヴァンカップ準決勝の2試合を終えればようやく一息つけるが全部で17連戦となる。このまま勝っていけば再び連戦が始まりシーズン終盤まで続く。

そうなればさらに厳しい日程となるが、その栄誉に浴することができるのは鹿島だけだ。だからこそ、この試合が大事になると町田は言う。

「フロンターレに対してああいう悔しい試合をしたあとの一試合目。そのあとが大事になる。最初にタイトルが取れるのはこのルヴァンカップ。タイトルを取れば流れも変わる。最近、SBばかりが取ってるのでCBがバチンといきたい」

川崎F戦では、セットプレーで決定力を欠いた。そこでゴールを上げられれば町田への評価も大きく変わるだろう。

文:田中滋(鹿島担当)


JリーグYBCルヴァンカップ 準決勝 第1戦
10月10日(水)19:00KO カシマ
鹿島アントラーズ vs 横浜F・マリノス
県立カシマサッカースタジアム(鹿島アントラーズ)
みんなの総合評価 (4.6)
臨場感 (4.7)
アクセス (2.9)
イベント充実 (4.1)
グルメ (4.7)
アウェイお楽しみ (3.4)

移籍情報