【山口 vs 岐阜】 ウォーミングアップコラム:初出場初得点のルーキー、楠本卓海。新風吹き込み、クリーンシートでの勝利へ!

2018年10月6日(土)


前節の横浜FC戦でリーグ戦15試合ぶりの勝利を飾った山口。立役者となったのが大卒ルーキーの楠本卓海(写真)だった。デビュー戦だったにもかかわらず「最初から緊張しなかった」と平常心で試合に入り、61分には初得点もマーク。持ち場のセンターバックでは1対1の強さを示し、山口が待ち焦がれた白星を呼び込んだ。

勝てない試合が続く中で、前節はイバとレアンドロ ドミンゲスという強力なFWを抱える横浜FCと対戦。ディフェンスラインの背後を狙われる試合が目立ち、霜田正浩監督は3バックにした上で若い楠本に守備の軸を託した。「前からプレッシャーを掛けると相手が蹴ってくるので、それをしっかり跳ね返す。インターセプトを狙う。相手のエースに収めさせない」。霜田監督はセンターバックとしてのベーシックな動きを求め、楠本はそれに応えてFWに自由を与えなかった。

楠本にはもう一つ、気に掛けたポイントがある。リーグ戦初採用の3バックは、ともすればディフェンシブになりがちで、山口が大切にしていた攻撃力を削ぐ危険があった。楠本はチームの良さを失わないよう、「3バックにしたからベタ引きではなくて、3バックでも人に対して攻撃していく。ライン設定を変えずにプレーする。そこは意識した」。結果は狙い通り。山口は楠本の一撃を含む3得点を挙げ、3バックでも攻撃力の維持に成功する。

初出場にして堂々の活躍。支えたのは練習量だ。東京国際大から加入したルーキーはフィジカルの強さやスピードもストロングにするが、試合に絡めなくとも練習で手を抜かず、指揮官は「練習をずっとやってきた甲斐がある。練習は嘘をつかない」とたたえる。実はゴールシーンにも楠本の姿勢が出ていた。ジュリーニョのFKからだったが、前日の練習でうまく合わせられず、楠本は「ディフェンスの嫌なことをしよう」と動きを修正。練習での反省を生かして相手守備陣の前に体を出し、お手本のような美しいシュートで勝ち越し点をもたらしたのだった。

一躍ヒーローになった楠本に報道陣から「手応えはあるか?」という質問が飛んだ。楠本は少し返答を逡巡し、「そこそこ」と濁した。「対人の部分はほとんどやられなかったし、ウラへの抜け出しに対してもある程度できていたと思う。そこは良かったが失点はゼロではない。チームがこういう状況だったので勝ったことは嬉しいが、2点も取られているのはダメ。まだまだ」。無失点でゲームを閉じることが未来につながると考え、「目標はゼロ」と強調する。

今節は試合を下関市営下関陸上競技場で行う。風がよく通る高台にあり環境面でみらスタとは異なるが、8月のJリーグ育成マッチデーで下関を経験済み。楠本は「風はディフェンスにとってやりづらいが、うまく対応できるようにしたい」と話し、ポゼッションサッカーの岐阜攻略に向けて頭を切り替えた。目指すはクリーンシートでの勝利。ルーキーが新風とともに勝点3を運んでくる。

文:上田真之介(山口担当)


明治安田生命J2リーグ 第36節
10月7日(日)14:00KO 下関
レノファ山口FC vs FC岐阜
下関市営下関陸上競技場(レノファ山口FC)
みんなの総合評価 (4.0)
臨場感 (3.0)
アクセス (4.0)
イベント充実 (3.0)
グルメ (2.0)
アウェイお楽しみ (3.0)

移籍情報