【岐阜 vs 東京V】 ウォーミングアップコラム:チームの課題を見つめる竹田忠嗣。ただ、その目は決してうつむいてはいない

2018年9月22日(土)


J2残留に向け、いよいよ黄色から赤へと信号が点滅し始めている。前節・徳島戦に敗れて、岐阜が連ねた敗戦はついに二桁台へと突入した。今節・東京V戦では、まずは連敗阻止が至上命令となる。期待して欲しいのは、DFの竹田忠嗣(写真)だ。

竹田は常々、「サッカーは11人ではなく、22人で行うスポーツ」と語る。この言葉はいま現在の岐阜が最も捉えなければいけない、重要なキーワードだと感じる。
例えば、前節・徳島戦の失点場面。2失点は共に、マイボールの状況から相手にボールが渡った後の素早い攻撃により喫している。竹田は「このチームにとって、切り替えの速度などは攻撃する上で大切な要素」と前提にした上で、徳島戦での失点場面に例えてチームの課題を訴えてくれた。「チームはいかなる状況でも、同様のプレーを選択してしまいがち。試合終盤でロングボールを蹴るのであれば、相手のラインを超えるようなボールを選択しなければいけない。戦況や流れを汲んだプレーを選択する力が必要」。現在の岐阜は、竹田が語るプレー選択やチーム内でプレーを共有する力が欠けている。そしてそれは、終盤になればなる程にだ。

ただ、竹田は全く下を向いてはいない。「前々節・新潟戦に比べると、主導権を握る時間帯が多くあった。抑えるべき(失点箇所の)部分を抑えられれば。(良し悪しが)ハッキリとしていた」と試合内容の改善をポジティブに説いている。そして、自身の試合への出場、不出場問わず、「このチームには一体感がある。通常は攻撃陣と守備陣との関係がギクシャクしてもおかしくない状況でも、このチームはまとまっている。だからこそ、自分たちのスタイルを貫く姿勢を忘れてはいけない」といかなる状況でもチームを第一に考えてきた。

リーグ戦閉幕までは残り9節、岐阜の勝点は現在32で自力でのJ2残留目安となる数字40までは残り『8』となる。さらに、迫るJ3降格圏までの勝点差は『5』。強いリーダーシップが後方から求められる試合がこの先待ち受けている。この苦境で、竹田がいかなるパフォーマンスをもってチームを救うのかに、かつ目してほしい。

文:岩波陽平(岐阜担当)


明治安田生命J2リーグ 第34節
9月23日(日)14:00KO 長良川
FC岐阜 vs 東京ヴェルディ
岐阜メモリアルセンター長良川競技場(FC岐阜)
みんなの総合評価 (4.2)
臨場感 (3.4)
アクセス (3.2)
イベント充実 (4.1)
グルメ (4.7)
アウェイお楽しみ (4.1)

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報