【長野 vs 相模原】 ウォーミングアップコラム:「勝つことだけを考えてやるだけ」。有永一生は走って走って走り倒す!

2018年9月22日(土)


中断明けは3試合で1勝1分1敗。順位も二桁の11位と、長野はいま一つ波に乗り切れていない。「僕たちは勝つことだけを考えてやるだけ。上のことは見ずに、まずは次の試合で勝つことだけを考えてやりたい」。有永一生(写真)は、眼前の試合に全力を注ぐというチームの持つべき姿勢をそう強調する。

中断期間では攻守の方向性をより明確にした長野。「チームとしてプレッシャーを掛けて切り替えを早くして、ボールを奪って速く攻める」というシンプルな戦い方を整理してきた中で、有永は主にサイドハーフ、そして前節・福島戦は岩沼俊介の出場停止に伴い、ボランチのポジションで奮闘し、今季初ゴールもゲットした。「今年はボランチでスタートして、去年はサイドハーフでやっていますが、どちらで出るにしても自分の良さは運動量。そこをやりながらチームのやりたいサッカーに貢献していければ」と語る彼の存在感は、何よりもハードワークを基盤とする現在のチームにおいても絶大だ。

チームの戦い方がハッキリとしたいま、「自分たちのやりたいサッカーをベースにしながら、相手のストロングポイントを抑えられれば」という姿勢は、個の強さが光る今節の相手・相模原を前にしても変わらない。一歩も引かず積極的に前からプレッシングを行い、攻撃に切り替わった瞬間も前方向のエネルギーを絶やすことなく発揮する。オフザピッチのクールな印象とは裏腹に、ピッチを縦横無尽に掻き回して闘う背番号25の姿は、今節も一点の曇りなく見られるはずだ。「前に出ていったり、チームのために走るということ。自分の良さを出していきたい」。有永は残り11試合、チーム浮上の原動力となるべく走って走って走り倒す。

文:林口翼(長野担当)


明治安田生命J3リーグ 第24節
9月23日(日)17:00KO 長野U
AC長野パルセイロ vs SC相模原
長野Uスタジアム(AC長野パルセイロ)
みんなの総合評価 (4.5)
臨場感 (4.7)
アクセス (3.7)
イベント充実 (3.7)
グルメ (4.2)
アウェイお楽しみ (3.8)