【甲府 vs 大宮】 ウォーミングアップコラム:堀米勇輝は「何とかしてやろう」という気持ちを見せてホーム大宮戦を戦う

2018年9月18日(火)


J1自動昇格の2位以内を目標に戦ってきた甲府だが、ルヴァンカップをリーグ戦と並行して戦う中でリーグ戦は苦戦が続いている。ルヴァンカップはベスト8まで進出し、ベスト4を賭けた柏とのプライムステージも2戦2分けと健闘もアウェーゴール数で下回ってベスト4入りは残念ながら果たせなかった。結局、ルヴァンカップはグループステージから計10試合をリーグ戦の間に戦うという厳しいスケジュールだったが、その間に変更になったリーグ戦を勝ち切れずにここまで来てしまった。レギュラースケジュールの試合でも勝ち切れていないのでルヴァンカップを理由にはできないが、シーズン終盤は意地でもこの流れを変えたい。

プレーオフ圏の6位・大宮との勝点差が残り10試合となった段階で15ポイント。絶望的になりそうな数字で、甲府にシンパシーがない人なら迷いなく「無理」というであろう現実。しかし、堀米勇輝(写真)は戦う姿勢を変えない。「這いつくばってでも勝利を目指す姿勢を見せないといけない」と話す。ルヴァンカップのプライムステージの2試合と前節の山形戦はコンディションの問題でメンバーを外れたが、チームを外から見て、「感じることは多かった。一番は勝つために一人ひとりが意地を見せていかないといけない。ルヴァンカップの柏戦は全員が何とかしてやろうという気持ちを見せることができたと思う」と話す。その意地を今節は6位・大宮相手に見せて勝ちたい。目標を持ちにくい状況だが、だからこそ意地が必要になってくる今節だ。

文:松尾潤(甲府担当)


明治安田生命J2リーグ 第32節
9月19日(水)19:00KO 中銀スタ
ヴァンフォーレ甲府 vs 大宮アルディージャ
山梨中銀スタジアム(ヴァンフォーレ甲府)
みんなの総合評価 (4.0)
臨場感 (3.4)
アクセス (3.3)
イベント充実 (4.1)
グルメ (4.2)
アウェイお楽しみ (4.0)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報