【秋田 vs 鳥取】 ウォーミングアップコラム:急成長を遂げた江口直生がチームに落ち着きと積極性をもたらす

2018年9月14日(金)


前節のアウェイ相模原戦で、加入2年目にしてリーグ戦で初先発フル出場を果たした江口直生(写真)。右インサイドハーフのポジションで、中盤の底から相手ゴール前までピッチを広くカバーし勝利に貢献した。江口の持ち味は高精度のキックだが、この試合では適切なポジショニングも際立った。味方にとってはボールキープのサポートになり、対戦相手にとっては空いたスペースをうまく使われる「嫌な選手」に見えたことだろう。

アンカーの日髙慶太とセンターサークル付近でパス交換をしてリズムを整えると、右サイドに流れた前山恭平の動きを見て近寄り、前山が落としたボールをフリーの状態でダイレクトシュートに持ち込んだ。

プレスでも積極的に走った。相手GKに戻ったボールにプレッシャーをかけると、これがGKのミスを誘引。クリアボールが前山にわたり、前山は外山凌に絶好のスルーパスを供給した。

キックでも魅せた。相手が押し込んでいる場面でセカンドボールが江口に渡る。江口は前を向くと同時に左サイドを走り始めた外山を見て、正確なロングパスを通してカウンターのチャンスを作った。CKの場面では相手のプレッシャーがないことを確認して、ショートコーナーから枠内を捉えるミドルシュートを放った。

こうしたチームに落ち着きと積極性をもたらすプレーから、この試合にかける江口の意欲が伝わってくるようにも思えた。

江口自身は「去年はチームに貢献できずに終わってしまっているので、ゴールを意識して試合に入りました。まだまだ課題はありますけど、自分の持ち味は出せたかなと思います。ただ結果的には点も取れていないしアシストもできていないので、もっともっと追求していきたいです」と振り返る。

江口は2017年にJ2愛媛から完全移籍で加入したものの、昨季は負傷離脱が続きスタメン争いに加わることができないままシーズンを終えた。今季は天皇杯では先発出場があったが、リーグ戦ではごく限られた時間での途中出場が続いていた。

ここに来てスタメンを掴んだポイントを間瀬秀一監督に聞くと、中断期間を経ての江口の成長スピードが大きなポイントになったようだ。

「いままでスタメンで出たことがない人間が、連勝しているチームでスタメンを奪って、90分出場して試合に勝つという出来事が起こる。それくらい、いまのウチには急成長している選手がいるし、そういうチームだということです。良い意味で、その象徴が彼(江口)であり、彼自身がそういうものを示したことは本当に喜ばしい。監督は普通、勝っているチームを変えることはできないです。ただ自分は成長スピードを大事にしている。みんな伸びしろがあって成長しているし、そのための練習もできているが、自分にそういう決断をさせるほど彼の成長スピードが早かったということ」と指揮官は話す。

江口は自分自身の成長を次のように見る。

「シュウさんが言う『見ること』。特に僕や恭平君、慶太君のポジションは、見ないとなにもできないポジション。相手も見ますし、スペースと味方の位置もしっかり把握してプレーすることが大事。シュウさんが来てからそれをすごく意識して取り組むようになって、自分の成長を少なからず感じています。いまのサッカーはすごく自分に合っていて、毎日の練習ですごくやりがいがある。このサッカーで自分の良さが出せなかったら、それは自分の責任」そう話す江口は、前節の反省を踏まえて、鳥取戦を見据える。

「自分のポジションだと、カウンターの場面でもっと前に行かなきゃいけないのに、プレスを掛けた分疲れて押し上げが効いていなかった。個人としてもっともっと成長していかないと、上ではできないと思います」

秋田は現在4連勝中と好調。しかし上位との勝点差を考えると毎試合がトーナメント戦のような状況が続く。だからこそ、新たな戦力が名乗りを上げることはチームに勢いをもたらす。江口の正確なプレースキックは、FKやCKの場面でも相手の脅威にもなるはずだ。

文:竹内松裕(秋田担当)


明治安田生命J3リーグ 第23節
9月15日(土)15:00KO A‐スタ
ブラウブリッツ秋田 vs ガイナーレ鳥取
あきぎんスタジアム(ブラウブリッツ秋田)
みんなの総合評価 (4.5)
臨場感 (4.8)
アクセス (3.7)
イベント充実 (4.0)
グルメ (3.6)
アウェイお楽しみ (3.4)

スタジアムナビ