【甲府 vs 愛媛】 ウォーミングアップコラム:曽根田穣、チームが昇格争いに踏みとどまるためにも恩返しゴールを決めたい

2018年8月17日(金)


「長友(佑都、ガラタサライ)とか川又(堅碁、磐田)とかおるし…」と期待通りの言葉を返してくれる曽根田穣(写真)。どう聞けばこう答えるのかといえば、「愛媛県を代表するプロサッカー選手として、今節は…」と聞けばいい。

ただ、去年のチャンスが貰えず悶々とした自信が持てないプロ1年目の曽根田ではなく、自分の居場所、勝負をするポジションを見出した曽根田なので嫌な顔はしない。今季の序盤戦はチャンスがなかったが、中盤戦からリーグ戦6試合に出場して3ゴール。最初のうちは、いいパフォーマンスと消極的なプレーの波が大きかったが、徐々に波の底が高くなっている印象。優しい性格がチームメイトに対する遠慮などに繋がっていたこともあったが、シャドーのポジションで自分がゴールを決めるという“我”が芽生えた。アシストを褒めると、「本当は自分でシュートまで行きたかったけど、ダメならパスで…」という。シュートを第一の選択肢にするから怖さが出る。

前節の金沢戦は5分に先制されるも曽根田のドリブルからのクロスが2点に繋がり、逆転勝ち。U-18まで在籍した愛媛に対しても「絶対に勝ちたい。自分が点を決めて勝ちたい」と、愛媛には怖く、甲府には頼もしい存在になってくれそう。高さはないが、タフな身体と前を向いたときに簡単にはボールを失わない技術が徐々に発揮されている。積極性をもっと貪欲に発揮してもいい選手だと思うが、限界まで出し切っていない点は伸びしろ。

「試合だからといって特別なことをするといいプレーができてないので、気負わずにトレーニングの延長線上の感じで行きます」

心根が優しいアタッカーが自身と戦い、葛藤して身に付けつつあるプロサッカー選手としての自信。愛媛ではプロになれなかったが、甲府で開花し始めた曽根田が昇格争いに踏みとどまるためのパフォーマンスをキツイ恩返しで見せるのか期待したい。

文:松尾潤(甲府担当)


明治安田生命J2リーグ 第29節
8月18日(土)18:00KO 中銀スタ
ヴァンフォーレ甲府 vs 愛媛FC
山梨中銀スタジアム(ヴァンフォーレ甲府)
みんなの総合評価 (4.2)
臨場感 (3.6)
アクセス (3.3)
イベント充実 (4.4)
グルメ (4.3)
アウェイお楽しみ (4.3)

スタジアムナビ