【徳島 vs 大分】 ウォーミングアップコラム:内田裕斗がチームをアツくする!

2018年6月29日(金)


5月は無敗で乗り切ったが、6月は4連敗。苦しい状況に頭を抱えるが、逆境に負けず強気で元気な声を届けてくれるのはこの男だ。

今週に入り、徳島は監督とキャプテンを中心としたベテラン勢のミーティング、全体ミーティング、選手間ミーティングをして結束力を高めてきた。内田裕斗(写真)は「まず何が足りないのかを考えたときに“戦う気持ち、戦う準備、まとまってつながる”ということが大事。まずはそこをやってからの質」と基本となる気持ちの部分の重要性を組織全体であらためて確認してきたことを言葉にした。

そして、内田自身の考えとして「ミスをしても、もっともっと自分たちの良さを積極的に出していくべき」と意見を述べ、「ガツガツやった方がいい。ギラギラ感が足りないというか。いまはまとまっているというか、縮こまっている。もっとギラギラした方がいい」と強気な姿勢の重要性を説いた。

とはいえ、闇雲に攻めようとしているわけではないが、ときに攻めっ気を抑えられずに後で反省することもある様子。今季は3バックの脇を任される試合もあるが、「ちょっと我慢できずに上がってしまって、チャンさん(石井秀典の愛称)から“ウチダーーーーー!!”って言われてしまうこともあるんですけどね(笑)」と試合中のこぼれ話も聞かせてくれた。

バランスを保ちつつ、攻めるときは攻めきる。オーディエンスだけでなく、チームをアツくさせる内田のプレーに期待したい。

文:柏原敏(徳島担当)


明治安田生命J2リーグ 第21節
6月30日(土)19:00KO 鳴門大塚
徳島ヴォルティス vs 大分トリニータ
鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム(徳島ヴォルティス)
みんなの総合評価 (4.2)
臨場感 (3.5)
アクセス (3.1)
イベント充実 (3.7)
グルメ (3.9)
アウェイお楽しみ (3.8)

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報