【東京V vs 栃木】 ウォーミングアップコラム:攻守におけるバランサー。替えの効かない絶対的存在・内田達也

2018年6月22日(金)


前々節に新潟、前節は京都に勝利し、今季初の連勝を飾った東京V。今節の栃木戦を前に「今、すごいチームも自信もついてきてる。大事なのは、最近やれていることを、立ち上がりからしっかり出せるか。それさえできれば、絶対にやれると思う」と、手応えを口にするのは、内田達也(写真)だ。
 
東京Vに来て2シーズン。ロティーナ監督が最も重用する選手だ。今季は、アンカーを主な仕事場として託されている。インサイドハーフに渡辺皓太、梶川諒太、井上潮音、サイドバックに奈良輪雄太など、攻撃面で特長を発揮する選手が配されているため、攻守においてバランサー的な役割を最重要任務と意識し、ここまでチームに貢献してきた。センターバックの畠中槙之輔は、「攻撃をしている時も、守備をしている時も、僕たちのポジションを気にかけてくれている位置取りをしてくれているので、すごく助かります。本当に大事な存在です」と、全幅の信頼を口にする。

連勝したこの2試合はいずれも逆転での勝利、さらに第17節横浜FC戦も含め、3試合連続の複数得点と、チームが攻撃面において機能するようになった要因を、内田は「つなぎのところで、スムーズさと安定感が出てきたこと。ボールが持てるようになり、さらに、持った時に、サイドで数的優位を作れたり、深い位置を使えるようなシーンが増えてきたのが大きい」と、分析する。また、そこには、ここ3試合、中央でのボールキープを意識する佐藤優平が先発起用されていることも大きいと内田。「中で受けてくれるのと、そこからスルーパスが出る。それが、今、左右ともあるので、サイドチェンジをする意味が出てきたのかなという感じがしています」。
積極的にボールを受けに行き、両サイドバックを含めた、攻撃の際の効果的な配球でチャンスを演出する一方で、守備面でのボール奪取、バランス統率に細心の警戒を怠らない。
 
やはり、今季の東京Vも、内田なしではありえない。

文:上岡真里江(東京V担当)


明治安田生命J2リーグ 第20節
6月23日(土)18:00KO 味スタ
東京ヴェルディ vs 栃木SC
味の素スタジアム(東京ヴェルディ)
みんなの総合評価 (3.3)
臨場感 (2.6)
アクセス (4.1)
イベント充実 (2.6)
グルメ (2.7)
アウェイお楽しみ (2.3)

スタジアムナビ