【松本 vs 千葉】 ウォーミングアップコラム:ボランチでもCBでも。安東輝は静かに燃える

2018年6月22日(金)


リーグ屈指の強豪である千葉を、アルウィンで迎え撃つ今節の松本。膠着した状況を打開できる個の能力を持つアタッカーが揃う千葉に対し、その攻勢を受けて立つ松本という構図が予想される。負傷者や出場停止選手が多く、最終ラインの台所事情は苦しいだけに「チャンスが来るのであれば、それを生かさない手はない」と前を向くのは安東輝(写真)だ。

本職はボランチで、持ち味は中盤でのボール奪取能力。一方で足元の技術やフィジカルの強さにも定評があり、これまでにも攻撃的ポジションやCBなどを経験している。実際に天皇杯2回戦ではCBとして先発起用され、安定感あるプレーを披露。反町康治監督も試合後に一定の評価を与えるなど、チーム内での存在感も徐々に高まってきた。
「ボランチでもCBでもポジティブに取り組めています。もちろんポジションによって求められる役割も変わってくるので感覚の違いなどはありますけど、それも良い経験。複数ポジションを高いレベルでこなせることで、苦しい状況のチームを助けることになる。今はそういう選手になりたいと思っています」
CBとしては大柄ではないが、フィジカルの強さを生かしての“デュエル”には自信を見せる。また後方からのビルドアップについても、「違いを見せるためには、後ろからでも逃げることなくマイボールにしていきたい」と千葉のハイプレスにも焦らずに攻撃面での色を出していく構えだ。

「逃げずに立ち向かえるようにメンタル面でも準備していきたい、というのが自分の中でのミッションとしてあります」と、攻守ともに強い決意で臨む千葉戦。出場機会が与えられるかは確実ではないが、たとえ短い時間であっても100%を尽くそうと静かに燃えている。

文:多岐太宿(松本担当)


明治安田生命J2リーグ 第20節
6月23日(土)18:00KO 松本
松本山雅FC vs ジェフユナイテッド千葉
サンプロ アルウィン(松本山雅FC)
みんなの総合評価 (4.1)
臨場感 (4.7)
アクセス (3.3)
イベント充実 (3.7)
グルメ (4.2)
アウェイお楽しみ (3.7)

スタジアムナビ