【徳島 vs 山口】 ウォーミングアップコラム:島屋八徳の涙。

2018年6月15日(金)


前節・町田戦(1●2)の敗戦後、いつもと違う島屋八徳(写真)の姿があった。

島屋は試合に負けたとしても、取材陣が待つミックスゾーンでは気持ちを切り替え、冷静に受け答えをしてバスへ向かう。だが、町田戦のあとは悔しさを抑えきれない様子で目頭を熱くしていた。翌日、気持ちが落ち着いた頃合で再び訪ねると、試合後はブーイングも覚悟していたことを吐露する。
だが、実際のところは「あのようなゲームでしたが、終わってからサポーターの皆さんに拍手で迎えていただきました」。言葉では言い表せない感情がこみ上げ、「情けない気持ちというか、皆さんの後押しに結果で応えられていない無力さであったり、そういった感情がこみ上げてきてやるせない気持ちになりました」。

そして、その日は「一人でめちゃめちゃ泣いてしまいました。悔しくて」とこぼした。

その悔しさを胸にしながらも、1日のオフを挟み、再び元気な姿を取り戻した。古巣・山口戦を目前に控え、「メンバーも監督もガラッと変わっているので別チームのイメージですが、新しく作り直してきたことがはまっている感じがします。みんなが伸び伸びやって、自信を持ってやっている印象です」と言葉にしながらも、「快勝して不安にさせたいですね!」といつも通りの島屋節。そして、「鳥養選手は同期入団で仲も良かったです。いまはSBをやっているので、そこから攻撃していきたいですね(笑)」と島屋節part2をかぶせた。

徳島の快勝。そして、背番号『11』同士の熱いバトルも楽しみにしたい。

文:柏原敏(徳島担当)


明治安田生命J2リーグ 第19節
6月16日(土)19:00KO 鳴門大塚
徳島ヴォルティス vs レノファ山口FC
鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム(徳島ヴォルティス)
みんなの総合評価 (4.2)
臨場感 (3.5)
アクセス (3.1)
イベント充実 (3.8)
グルメ (3.9)
アウェイお楽しみ (3.7)

観戦アドバイス大募集!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報