【大宮 vs 横浜FC】 ウォーミングアップコラム:得点だけではない。攻撃の中心・大前元紀の貢献度

2018年6月9日(土)


ここまで9得点を挙げてリーグ得点ランキング2位につける大前元紀(写真)。加入1年目の昨季はシーズンを通して苦しい時期が続いたが、今季はチームが波に乗れない中でも攻撃を牽引する力強さを見せている。

大前が果たしている役割は、決して得点だけではない。ディフェンスラインやボランチの選手がボールを持てばスペースに降りてパスコースを作り、ボールを受ければサイドハーフの嶋田慎太郎、ボランチの大山啓輔らと細かいパスを交換しながらゴールに向かう。シーズンを戦う中で固まってきた攻撃の形において、中心的役割を担っている。

今節・横浜FC戦に向けても、基本的な攻撃の方針は変わらない。大前は「距離感良くやれればチャンスは増えると思いますし、セットプレーでもチャンスがあればゴールに結び付けられるようにしていきたいなと思います」と多面的な貢献を誓う。そこにあるのは何よりもチームの勝利を最優先とする姿勢だ。
「(得点)ランキングよりも、点を取った試合で勝ったり、チームの順位が上がったりすることのほうが重要だと思っています。もちろん得点を取ることも重要ですけど、その得点がチームの勝利につながればうれしいですね」。

フォア・ザ・チームの先にある得点が、チームを勝利に導くだろう。

文:片村光博(大宮担当)


明治安田生命J2リーグ 第18節
6月10日(日)16:00KO NACK
大宮アルディージャ vs 横浜FC
NACK5スタジアム大宮(大宮アルディージャ)
みんなの総合評価 (4.6)
臨場感 (4.9)
アクセス (4.4)
イベント充実 (3.7)
グルメ (3.3)
アウェイお楽しみ (3.4)

スタジアムナビ