【新潟 vs 東京V】 ウォーミングアップコラム:気負わぬよう、新潟への献身を誓う高木善朗は、気合みなぎる。

2018年6月9日(土)


逆サイドからそっと忍び寄り、相手ボールをかっさらう。テクニックに優れた小柄なMFの抜け目ないディフェンスは、ビッグスワンに足を運ぶ新潟サポーターに、現在はC大阪でプレーする田中亜土夢を想起させるのではないだろうか。労を惜しまない守備から攻撃に転じ、一気呵成にゴールに向かう。そんなトランジションの局面で、ビッグスワンはことのほか盛り上がる。今シーズン、東京Vから加入した高木善朗(写真)が、試合を重ねるにしたがってスタンドにカタルシスを提供する回数が増えているのは、それだけ新潟のスタイルが染みてきた証拠だ。

古巣、東京Vとの対戦を控えた今週、トレーニング中にヒヤリとなった。ゲーム形式のトレーニングを途中で切り上げ、そのままロッカールームに下がったのだ。アクシデントが心配されたが、数日後に復帰。

「少し足に張りがあったので。でも問題ないです。ヴェルディ戦に向けてしっかり準備できているし、本当に大事な試合なので」

大事なのは、それが古巣との対戦だからではない。昇格という目標に向かってギアを上げなければならない新潟にとってである。

「個人的なことより、チームのためにやることが先。そういう選手になるために、自分は新潟に来たので。自分はアルビレックスの一員で、次は絶対に勝たなければならない試合。そこを間違えないようにしたいです」。気負い過ぎず、自然体でピッチに立つために準備する表情は、しかし気合十分だ。

もちろんジュニアユースから育ち、昨年、一昨年は10番を着けてプレーした東京Vを、新潟の誰よりも知る立場である。前節、退席となったミゲル・アンヘル・ロティーナ監督に代わり、指揮を執ることが予想されるイバン・パランコ・サンチアゴコーチのことを、「とても頭が良い人。24時間、サッカーのことを考え続けている印象があるし、人間的にも素晴らしい」と見る。

「ロティーナ監督のためにもアウェイで勝点を取って帰ろうと、いつも以上にヴェルディは団結していると思う。受けに回らないように、攻撃も守備も、自分たちからアクションを起こして向かっていきます」

目指すは、「相手に”嫌な選手だ”と思われるプレー」。ドリブル、クロス、シュート、そしてセットプレーで違いを出そうと意気込む。

何より攻撃はもちろん、守備でも“こんなに走る選手だった?”と相手には思わせたい。「自分がどれだけ成長しているか。それを知るために、これ以上の対戦相手はないですから」。アグレッシブに走り続ける理由は、いくつもある。

文:大中祐二(新潟担当)


明治安田生命J2リーグ 第18節
6月10日(日)14:00KO デンカS
アルビレックス新潟 vs 東京ヴェルディ
デンカビッグスワンスタジアム(アルビレックス新潟)
みんなの総合評価 (4.3)
臨場感 (4.3)
アクセス (3.4)
イベント充実 (3.9)
グルメ (4.3)
アウェイお楽しみ (4.1)

スタジアムナビ