【F東23 vs 鹿児島】 ウォーミングアップコラム:FW平岡翼が前節2得点の同学年に発奮「スピードと、ガツガツいくプレーを見てもらいたい」

2018年6月2日(土)


今季初の連勝を目指すFC東京U-23は、本拠地・味の素フィールド西が丘で鹿児島と対戦する。前節G大阪U-23戦は、FW矢島輝一の2得点などで、4-2で勝利を挙げた。今節も若き青赤軍団の攻撃のけん引役として矢島の活躍が期待される。その一方で、同学年の活躍に発奮する、FW平岡翼(写真)のプレーにも注目が集まる。

昨年3月に、右膝前十字靱帯と半月板を損傷。全治8カ月の悲運に見舞われた。1年のリハビリを経て今季復活し、YBCルヴァンカップグループステージ新潟戦では、初めてトップチー厶の試合に出場も果たした。その一戦で、富樫の2点目をアシストする活躍を見せたが、チームは終盤失速して逆転負け。

そして、続くルヴァンカップ仙台戦にも途中出場したが、「裏のスペースに抜け出す回数が少なかったので、そういう意味ではいい形で自分の特長を出せずに終わってしまった。逆転できる展開だったと思うので、悔しい。最後のところでいい仕事ができず残念です」と、唇をかんだ。

現在J1は、リーグ中断期間中。このJ3が平岡ら若手選手にとっては、アピールの場となる。平岡は、「相手をスピードで振り切るプレーや、相手にガツガツいく気持ちのこもったプレーを見てもらいたい。チームとしてもすごく良い形で積み重ねができているので、チームとしての戦い方も期待してもらいたい」と、意気込む。

矢島のポストプレーに、平岡がスピードで抜け出す。同学年コンビでゴールをこじ開け、チームを今季初の連勝へと導く。

文:馬場康平(F東23担当)


明治安田生命J3リーグ 第12節
6月3日(日)14:00KO 味フィ西
FC東京U−23 vs 鹿児島ユナイテッドFC

スタジアムナビ