【松本 vs 栃木】 ウォーミングアップコラム:中2日の3連戦。総力戦を前に、中美慶哉は“その時”を待つ

2018年6月2日(土)


「ポジション争いによる刺激が欲しいと思って、松本への移籍を決断しました。選手間競争が激しいからこそ、チームも強くなるし、個人としても成長できる。普段の練習やトレーニングマッチからアピールすることを考えて、日々を取り組んでいます」

今季ここまでリーグ戦5試合の出場にとどまっている中美慶哉(写真)だが、その表情に悲壮感はない。悔しさはもちろんあるが、自身の成長を確信できているからだ。例えば、これまで経験してこなかった3バックについては当初は戸惑いもあったというが、開幕前キャンプから時を重ねるにつれて「位置取りや連携面なども分かってきた」と前向き。新しいフォーメーションでの戦い方も習得しつつあることで出場機会も増え、チーム内での存在感は高まる一方だ。

今節の対戦相手は、思い出のありすぎる栃木だ。所属選手としてJ3降格を経験し、対戦相手としてJ2・J3入れ替え戦にも挑んだ。何よりプロ選手としてのスタートを切った、故郷のクラブだ。自らを育ててくれた関係者、そして温かい声援を送ってくれた栃木サポーターへの感謝の念は今なお強い。だからこそ、成長した姿を見せることが最大の恩返しと考えている。

「栃木出身で、栃木のアカデミーを出て、プロとして育ててもらった。その意味でも栃木SCへの思い入れはたくさんあります。でも勝負の世界なので、松本の選手としてアルウィンで古巣を迎え撃ちたい。そして栃木の選手たちに『松本と戦うのは嫌だな』と感じさせるような内容や結果を残せれば」

さらに今節・栃木戦から天皇杯2回戦、そして次節・京都戦と中2日で公式戦が続く。中美自身も総力戦と位置付ける3連戦は、さらに評価を高めるための千載一遇のチャンス。「この3連戦は結果にこだわりたいし、個人的にはアピールにも繋げたい。ここまでリーグ戦で先発の機会の少なかった選手であっても、監督やサポーターの皆さんに『やるな』と思わせたい」と、“その時”を待っている。

文:多岐太宿(松本担当)


明治安田生命J2リーグ 第17節
6月3日(日)13:00KO 松本
松本山雅FC vs 栃木SC
サンプロ アルウィン(松本山雅FC)
みんなの総合評価 (4.3)
臨場感 (4.7)
アクセス (3.1)
イベント充実 (3.7)
グルメ (4.3)
アウェイお楽しみ (3.9)

移籍情報