【栃木 vs 町田】 ウォーミングアップコラム:クロッサー久富良輔の矜持。アシストする瞬間を見逃すなかれ。

2018年5月19日(土)


“ドミ”こと久富良輔が練習後にひたすらクロスボールを蹴り込んでいる。
昨季まで2年間、J3の藤枝MYFCに所属した久富は主に右サイドバックを担い、年間7アシストでリーグ5位タイ、チームのアシスト王に君臨した。その実力が評価され、今季J2に昇格した栃木にやってきたが、ここまでロングスローからはあれど、クロスボールからのアシストはゼロと苦しんでいる。

開幕前にはこう話していた。
「背後へ抜け出した後のクロス次第でゴールに直結する。去年はその部分で手応えを感じたシーズンでした。トレーニングを積んできた成果がようやく出て、クロスの質が少しずつ上がってきている。絶対的な武器にするにはもう少し時間がかかると思うけど、それも自分次第。しっかりトレーニングを積んでより精度を上げていきたい」

そんな久富が今季の栃木で苦しんでいる理由には、チーム事情もある。開幕季に大量失点で3連敗を喫したチームは、守備の意識がより高まった。久富は4バックの右サイドバックから3バックの右ウィングバックを担うように。守備時には5バックとしてDFラインに入り、長い時間守備をこなしながら、チャンスとみるや前へ飛び出して仕事をすることが求められている。求められる運動量やクオリティは高い。「選手が成長することがチームの成長に繋がる」と言い続ける横山雄次監督の要求はすこぶる高いが、だからこそ久富はその壁を乗り越えて一皮むけようとしている。
「守備の時間は長いけれど、だからこそ攻撃に切り替わった時のクロスボール1本が大事。自分自身、ここからもう一つレベルアップしていかないと、チームを勝たせるワンプレーはできないという危機感はあります」

内に闘志を秘めながら、黙々と仕事をこなすタイプ。久富はかつて群馬のザスパ草津チャレンジャーズにも所属し、県リーグ3部でも全力を注いでプレーした苦労人。誰もが根を上げてしまうような厳しい環境から這い出し、現在の居場所を勝ち取ってきた叩き上げの矜持がある。
「サッカーはうまくいかないこともあるし、メンタル的にきついことも多い。これまでだってもう何回ももうダメだと思ったけれど、そこから自分は這い上がってこられたんです。かなり状況が厳しくても、自分ならばこの状況から這い上がっていける、という自信があります」

久富は絶対に諦めない。だから、彼がついにアシストする瞬間を見逃してはならない。

文:鈴木康浩(栃木担当)


明治安田生命J2リーグ 第15節
5月20日(日)14:00KO 栃木グ
栃木SC vs FC町田ゼルビア
栃木県グリーンスタジアム(栃木SC)
みんなの総合評価 (3.9)
臨場感 (4.3)
アクセス (3.1)
イベント充実 (3.6)
グルメ (3.9)
アウェイお楽しみ (3.5)

移籍情報