【鳥栖 vs FC東京】 ウォーミングアップコラム:好調なFC東京を迎え撃つ。相手をよく知るこの2人に期待。GK権田修一が最後尾から鼓舞し、MF高橋秀人が攻撃の芽を摘む

2018年5月19日(土)


7連敗のあと1勝1分と巻き返しの兆しが見えてきた。攻撃陣の復帰が大きな要因に上げられるが、守備陣の奮闘も外せない。

前節の浦和戦では一方的に攻められ続けたが、無失点で抑え勝点1を上積みした。選手からは反省の弁が多かったが、攻撃陣にけが人が多かったことを考えると、今後につながる戦いであった。

そして、今節は好調なFC東京を迎え撃つ。ここ6戦は負けなし(4勝2分)で首位広島を追う相手ではあるが、だからこそ過去に所属したことのあるGK権田修一(写真右)とMF高橋秀人(写真左)に期待がかかる。どちらもフィッカデンティ監督が指揮を執ったときの中心選手であったことも、鳥栖のサポーターにすれば否が応でも応援したくなる。

権田はここまでのリーグ戦では全試合で最後尾からチームを鼓舞している。守備だけではなく、正確なキックで前線にボールを送り攻撃の起点ともなる。高橋秀人は札幌戦以外の全試合でボランチとして相手の攻撃の芽を摘み攻守の切り替えスイッチを入れ続ける。

この2人の持ち味を活かすためには、攻撃の選手の復活がぜひモノであった。それが、前節の浦和戦とルヴァンカップ神戸戦で戻ってきた。完全復調とまでは言えないが、最後尾と中盤からチームを支え攻撃のスイッチを入れる陣容は整ってきたのである。

これまで思うような戦いができなかった鳥栖ではあるが、これからの巻き返しに期待したい。

そのための一戦が、今節のFC東京戦と言える。

文:サカクラゲン(鳥栖担当)


明治安田生命J1リーグ 第15節
5月20日(日)15:00KO ベアスタ
サガン鳥栖 vs FC東京

スタジアムナビ