【山形 vs 大宮】 ウォーミングアップコラム:瀬沼優司、ゴールへの渇望

2018年5月12日(土)


昨シーズン9ゴールを挙げた瀬沼優司(写真)が、背番号10を背負う今シーズンはここまでノーゴール。それでも先発で起用され続けているのには理由がある。

コースを限定するアプローチだけでなく、ピンチの芽を摘み取るまで自陣深く戻ることも厭わない献身的な守備。チームがボールを奪ったあとは前方へ飛び出して相手を押し込み、味方が余裕をもってプレーするスペースを作り出す。その馬力と走力が、どれだけ味方の負担を軽減しているか。

山形は第6節以降、守備を重視する戦い方にシフトチェンジし、実際に失点を減らしている。前半を無失点で乗り切り、相手の隙が広がる後半に攻勢をかけることも多いが、瀬沼が走れば走るほど、ジャブが効いてくるように相手は体力を奪われる。ボールを持っていようと持っていまいと、それをやり切れる選手。失点リスクをゼロに近づける役割を最大限に果たし、試合途中により得点力の高い選手に後を託すケースが今シーズンは多くなっている。

しかし、前節・讃岐戦ではフル出場。「瀬沼は今日絶対代えないと決めていた。今日みたいな試合で最後ピッチにいると彼は役に立つので」と試合後の木山隆之監督。昨シーズン、アディショナルタイム5試合で得点やアシストに絡み、うち4試合が決勝点という勝負強さの実績を作った瀬沼も、「勝ってる試合では90分間出る自信があるし、最後、チームを鼓舞しながらゲームを締め切る自信がある」と 拮抗した展開を苦にしない。

しかし、前線でプレーする者として、それだけで満足しているわけではない。自らもゴールネットを揺らすシーンが必要なことは、誰よりも感じている。前節の栗山直樹の先制ゴールにつながったコーナーキックは、瀬沼のシュートがキーパーに阻まれたことで獲得したものだった。「クリに救われた」としながらも、「僕はあそこで決めなければならない」と逃した決定機を悔しがる。

その試合では、前半にもフリーキックからヘディングシュートのチャンスを作ったほか、狭い相手ゴール前に潜り込み味方のシュートを引き出すなど、決定機に絡むシーンもようやく出始めている。

「そこまで、もうすぐ近いところまで来れてるなという感覚と、それ以外のところのプレーの質がちょっとずつ戻ってきた。あとはやっぱり結果が欲しいので、早く1本目、結果が出せるように頑張りたいです」

自らの力でその壁を破る瞬間は、確実に近づいている。

文:佐藤円(山形担当)


明治安田生命J2リーグ 第14節
5月13日(日)14:00KO NDスタ
モンテディオ山形 vs 大宮アルディージャ

スタジアムナビ