【磐田 vs 札幌】 ウォーミングアップコラム:キーポイントは、「ゴールに直結する動き」。中野誠也が泥臭くゴールを目指す

2018年4月17日(火)


ここまで磐田が属するグループBは、2勝1敗で清水、磐田、甲府の3チームが勝点6で首位に並ぶ混戦状態。その中で今節は、3連敗でグループ最下位の札幌をホーム・ヤマハスタジアムに迎える。JリーグYBCルヴァンカップでグループステージ突破を目指す磐田にとっては、落とせない重要な一戦となる。

また過密日程でのミッドウィーク開催ということもあり、指揮官も「G大阪・鳥栖戦連戦メンバーや鳥栖戦先発メンバーは一切使うつもりはない」と公言し、出場機会を求める若手中心のメンバー構成が予想される。その中で、ここまで公式戦で3試合の途中出場に留まっている大卒ルーキー・中野誠也(写真)にチャンスが回ってきそうだ。

中野にとっては、限られた出場機会の中でのしっかりとアピールすることが重要なテーマだろう。本人も「チャンスをもらえたということはこのチャンスを逃してはいけないですし、良い準備をしたい」と話した。その中でどういう形でアピールをするかというのも重要。ストライカーにとって、得点こそ分かりやすいアピール方法はない。本人も「もちろん得点は狙っていきたい」と語り、「自分は綺麗なゴールを目指している訳でもないですし、クロスやシュートのこぼれ球でも良いので、泥臭いゴールを狙っていきたい。そういう足を1歩運んでいたから決めることができた、みたいなゴールを狙っていきたいと思います。」と話したように、彼の良さでもあるボックス内で動きを止めずに、果敢にゴールへ向かっていくことで、得点という結果がついてくるはずだ。指揮官も「ゴールに直結する動きが彼の魅力。その回数が増えれば、我々のチャンスも増える」と中野に期待を寄せた。その中野の良さをしっかりと発揮し、ゴールという形で、リーグ戦へのメンバー争いに風穴を開けたい。

文:森亮太(磐田担当)


JリーグYBCルヴァンカップ 第4節
4月18日(水)19:00KO ヤマハ
ジュビロ磐田 vs 北海道コンサドーレ札幌

スタジアムナビ