【浦和 vs 清水】 ウォーミングアップコラム:逆境から這い上がる、GK西川「ポジティブな風が今、チームに吹いている」

2018年4月14日(土)


浦和は4月に就任したばかりの大槻毅暫定監督のもと、再起に向けて歩を進めている。監督交代前までは2分け3敗の未勝利とどん底だったチームが、新体制下では2連勝と結果が出てきている。

無論、試合内容に改善すべき点は少なくないが、大槻監督の冷静と情熱の指導、選手のモチベーションを高める起用法などにより“戦える”状態に戻ってきつつある。直近の神戸戦も1点リードから逆転を許す苦しい状況に追い込まれながら、セットプレーからの2発で劇的勝利を収めた。

もがきながらでも結果を出せるようになってきたのは大きい。GK西川周作(写真)も神戸戦について「こういう形の勝ち方はなかなかしていなかったので良かった」と力を込める。

神戸戦では2失点を喫したものの、西川も後半にルーカス・ポドルスキの強烈なミドルをファインセーブで弾き出すなど貢献した。

「こういう勝ち方ができるというのは、ポジティブな風が今、チームに吹いているということだと思う」

逆境の中でも一歩ずつ前進し始めている。西川は守護神として最後列からチームを支える。

文:神谷正明(浦和担当)


明治安田生命J1リーグ 第8節
4月15日(日)16:00KO 埼玉
浦和レッズ vs 清水エスパルス

埼玉スタジアム2002(浦和レッズ)
みんなの総合評価 (4.3)
臨場感 (4.7)
アクセス (3.2)
イベント充実 (3.6)
グルメ (3.5)
アウェイお楽しみ (3.6)

移籍情報