【相模原 vs 富山】 ウォーミングアップコラム:泰然自若の守護神・田中雄大。「素晴らしいサポーターにホームで勝利を届けられるようにしっかり準備していきたい」

2018年4月14日(土)


大卒ルーキーという面影はほとんどなく、良い意味で仕草や立ち振る舞いに初々しさを感じない。メンタルの強い選手。それがGK田中雄大(写真)の印象だ。

渡辺彰宏GKコーチも田中の武器として「シュートストップやロングキックの飛距離」という技術面に加え、メンタルの強さに太鼓判を押す。

それを本人にぶつけると、「良く言われますね」と笑いながら、想像以上の答えを返してくれた。

「人生で1度も緊張したことがないんですよね。常に試合を意識してやっているから、試合でも緊張しないというか、私生活はすべてサッカーのためにと24時間過ごしているので。この90分に集中という感じではなく、常にサッカーのために1つ1つの行動や1秒、一瞬を意識しているので、そこで良い準備をできている自信があるから緊張しないのかなと思う」

プロデビューとなった前節・北九州戦も渡辺GKコーチから「集中しろ」と言われていたファーストプレーで波に乗ると、その後は落ち着いてプレー。今季初完封、そして今季初勝利に貢献した。そして、試合後の感想もまた彼らしかった。

「自分では開幕戦から出る準備はしていたので、出られない時期も気持ちを落とすことなく、毎試合良い準備を続けてきた。いつもどおり準備して、それで出るときが来たなという感じ。その中で緊張してなにもできないまま終わってしまう可能性もあったけど、そうではなく、個人としての課題が出たのは良かった」

今節・富山戦でスタメンを飾ればホームデビューとなる。しかし、若き守護神に浮かれた様子もなければ、当然、緊張した様子もない。

「ゼロに抑えることがチームの勝利につながる1番の仕事だと思う。出させてもらっていることへの感謝、監督やスタッフ、サポーターへの感謝を90分間、最後の笛がなるまで出して、それで結果が伴うのが良いのかなと思う。素晴らしいサポーターにホームで勝利を届けられるようにしっかり準備していきたい」

文:須賀大輔(相模原担当)


明治安田生命J3リーグ 第7節
4月15日(日)14:00KO ギオンス
SC相模原 vs カターレ富山

スタジアムナビ