【札幌 vs 磐田】 ウォーミングアップコラム:「サブとしてこのチームに来たつもりはない」。ベテランGKの好守に期待

2018年3月13日(火)

キャンペーンバナー



ルヴァンカップ開幕戦となった前節では、J2の甲府を相手に0-3のスコアで敗戦。決定機を何度も作られ、浴びたシュートも18本。直近のリーグ戦からスターティングメンバーを総入れ替えして挑んだとはいえ、それは甲府もほぼ同じ状況だっただけに、極めて厳しい試合を強いられた形となった。

だが、そのなかでこの守護神のプレーは何度もチームを助けていた。3失点を喫してはしまったものの、この選手の複数回におよぶファインセーブがなければ、よりダメージの大きなスコアで敗れていた可能性もあるだけに、試合に敗れたとはいえGK菅野孝憲(写真)のプレーぶりは称賛すべきものだろう。

菅野は今シーズン、京都から期限付き移籍で加入。チームがJ1定着さらには中長期的には上位進出への足掛かりを築こうというシーズンに挑んでいるだけに、柏でのJ1優勝、ACLでの上位進出、クラブワールドカップ出場という豊富な経験を持つこの選手の加入は間違いなくチームのレベルアップにつながる。

身長179センチは、現代サッカーでは間違いなく小柄だろう。しかしながら、安定感のあるキャッチング、セービング、そしてフィードはハイレベルと評せるし、どんな局面、時間帯でも顔色を変えず、冷静な立ち振る舞いでゴールを守るこの選手の存在はチームメイトに多大なる安心感を与えているようにも見える。

札幌には韓国代表クラスの長身GKク ソンユンという絶対的とも言える守護神がいるが、「自分はサブ(控えGK)としてこのチームに移籍をしてきたつもりはない」と菅野は言い切る。そうした姿勢でポジション争いに挑むことで、間違いなくクの成長にもつながるだろうし、もう1人のGK阿波加俊太のプレーの質をも引き上げてくれるはず。

このルヴァンカップ第2節では、この守護神のプレーぶりにも注目したい。

文:斉藤宏則(札幌担当)


JリーグYBCルヴァンカップ 第2節
3月14日(水)19:00KO 札幌ド
北海道コンサドーレ札幌 vs ジュビロ磐田
札幌ドーム(北海道コンサドーレ札幌)
みんなの総合評価 (4.1)
臨場感 (3.9)
アクセス (4.0)
イベント充実 (3.6)
グルメ (3.4)
アウェイお楽しみ (3.2)

移籍情報