【水戸 vs 横浜FC】 ウォーミングアップコラム:「自分が生きるより周りを生かす」。黒子に徹する大卒ルーキー平野佑一

2018年3月24日(土)

キャンペーンバナー


第4節山口戦、Jリーグデビュー戦でゴールを挙げるという華々しくプロ人生のスタートを切ったルーキーの平野佑一。続く前節大分戦では田向泰輝の負傷により14分という早い時間にピッチに投入されると、「いつでも試合に出る準備はできていた」と語るように、すんなり試合に入り、後半のシステム変更にもスムーズに対応。試合には敗れはしたものの、平野自身は安定したプレーを披露することができていた。レギュラー獲得に向けて一歩前進したと言えるだろう。

平野は自らのことを「自分はスピードがあるわけじゃないし、体が強いわけでもない。何か特徴があるわけではない」と分析する。だからこそ、「状況判断で勝負しなければならない」と強い口調で語った。攻撃ではいいポジショニングを取り、相手の守備に潰される前に展開をして攻撃のリズムを作り出す。守備でも相手の狙いや陣形に対して的確な判断をしてポジションを取る。そしてスペースを消しながらプレスをかけていくことを心がけている。

「自分も平野と似たような選手だった」と語る長谷部茂利監督からのアドバイスも心に響いた。「自分が生きるより周りを生かせ」。まさに平野自身が考えていたことであった。「自分が光るのではなく、味方が伸び伸びプレーするために黒子に徹する。自分もそういうアシストのアシストのようなプレーが好き。そこをもう一度意識して取り組みたい」

自分は目立たなくていい。振り返ってみれば、平野が起点だった。そんなゴールを理想とする平野が潤滑油となり、チームを勢いづけていく。

文:佐藤拓也(水戸担当)


明治安田生命J2リーグ 第6節
3月25日(日)14:00KO Ksスタ
水戸ホーリーホック vs 横浜FC
ケーズデンキスタジアム水戸(水戸ホーリーホック)
みんなの総合評価 (3.7)
臨場感 (3.2)
アクセス (3.1)
イベント充実 (3.5)
グルメ (3.9)
アウェイお楽しみ (3.2)

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報